『タクシー運転手』脚本家が初監督に挑戦 韓国映画『マルモイ ことばあつめ』予告編公開

 5月22日より公開される韓国映画『マルモイ ことばあつめ』の予告編が公開された。

 本作は、『タクシー運転手 約束は海を越えて』の脚本家オム・ユナが初監督を務めた人間ドラマ。消えてしまうかもしれない、そんな大切な母国語を守りたい、遺したいと、辞書作りのために、懸命に生きた人々の姿を描く。

 民族の言葉が消えゆく1940年代、言葉を守ることによって国を守ろうとした人たちがいた。辞書作りのため、全国の言葉・方言を集める“マルモイ(ことばあつめ)作戦”を映画化。第15回大阪アジアン映画祭で上映された際には、チケットがあっという間に完売した。

 主演を務めるのは、『タクシー運転手 約束は海を越えて』『ベテラン』『王の男』などのユ・へジン。もう一人の主演には、『犯罪都市』『ゴールデンスランバー』のユン・ゲサンが起用された。

『マルモイ ことばあつめ』予告編

 公開された予告編では、1940年代、日本語を使うように強要される人々の姿や、辞書作りのために命がけで生きる人々の姿が描かれている。

■公開情報
『マルモイ ことばあつめ』
5月22日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
出演:ユン・ゲサン、ユ・へジン、キム・ホンパ、ウ・ヒョン、キム・テフン、キム・ソニョン、ミン・ジヌン
脚本・監督:オム・ユナ
配給:インターフィルム
韓国映画/2019年/ドルビーデジタル/韓国語/135分/スコープサイズ/映倫:G指定
(c)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる