PFFアワード2019入選『アボカドの固さ』4月劇場公開へ 予告編&ポスタービジュアルも

PFFアワード2019入選『アボカドの固さ』4月劇場公開へ 予告編&ポスタービジュアルも

 映画『アボカドの固さ』が4月11日よりユーロスペースにて劇場公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 第41回ぴあフィルムフェスティバルコンペティション部門PFFアワード2019にてひかりTV賞、第20回TAMA NEW WAVE ある視点部門に入選した本作は、俳優の前原瑞樹が5年間付き合った彼女から距離を置きたいと言われるも、どうにかヨリを戻したい一心で周囲の人に失恋相談をしては嘆く日々を描いたもの。1カ月後に迎える自身の25歳の誕生日までは彼女からの連絡を待つと決めるが、待てど暮らせど、彼女からはなんの音沙汰もない日常が……。代わり映えのしない、けれども何かが決定的に変わってしまった男の「愛と執着の30日間」とは。

 主人公・前原瑞樹役を、現在放送中のNHKよるドラ『伝説のお母さん』や映画『あの日々の話』『ウィーアーリトルゾンビーズ』などに出演し、劇作家の平田オリザが主宰する劇団“青年団”所属の俳優である前原本人が務め、実際に経験した失恋を下敷きに、自身の所縁の地でもある明大前から下高井戸を舞台に、“かつての自分”を演じる。是枝裕和や三宅唱に映画を学び、本作が長編処女作となる26歳の城真也がメガホンを取った。

  城監督のPFFアワード2017入選作品の中編映画『さよなら、ごくろうさん』への出演をきっかけに、監督の才能に惚れ込んだ前原がラブコールを送り、本企画が実現。多賀麻美をはじめ、小野寺ずる、並木愛枝らが脇を固める。音楽をD.A.N.の櫻木大悟が担当し、4人組ロックバンドTaiko Super Kicksが主題歌「感性の網目」を書き下ろした。

 公開されたポスタービジュアルでは、前原と過去の恋人たちが笑い合う風景が切り取られており、熟れたアボカドの種から発芽する花のイラストが添えられている。

映画『アボカドの固さ』予告編

 予告編では、前原と恋人・しみちゃんが仲良く暮らす様子が描かれる中、しみちゃんが「じゃあ、別れたい」と前原に呟くシーンから一変し、前原が喧嘩をする姿や新たな恋人を探す様子が映し出されている。

 また、“アボカド”を映画のモチーフにしたという縁で、歌人の俵万智からのコメントも公開された。

俵万智(歌人)

大のアボカド好きから言わせてもらうと、アボカドの食べごろを見極めるのは、とても難しい。熟れぐあい は、そっと触れて想像するしかない。人と人との関係も、またそうだ。
前原君は、まだ固い実を前のめりに味わおうとしたり、せっかくのタイミングを逃したり、熟れすぎの危う さに無頓着だったりする。イタくて愛おしい数々のエピソード。でも、はじめからの達人なんて、いないのだ。 人類がどんなに進化しても、アボカドは(つまり恋愛は)、食べて失敗してみないとわからない。
もどかしさや切なさを感じながらも、ラストの超ささやかな笑顔から、私は温かなものを受け取った。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『アボカドの固さ』
4月11日(土)より、ユーロスペースにて公開
監督・脚本・編集:城真也
出演:前原瑞樹、多賀麻美、長谷川洋子、小野寺ずる、空美、並木愛枝、兵藤公美、山口慎太朗、西上雅士、日下部一郎ほか
脚本:山口慎太朗、前原瑞樹
撮影:新藤早代
制作:吉田大樹、石川泰地
製作:井上遼 
2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/100分
公式サイト:avokatas.com
公式Twitter:@avokatas

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる