タル・ベーラの愛弟子、小田香監督最新作『セノーテ』6月公開へ メキシコにある神秘の泉を紐解く

タル・ベーラの愛弟子、小田香監督最新作『セノーテ』6月公開へ メキシコにある神秘の泉を紐解く

 『鉱 ARAGANE』の小田香監督最新作『セノーテ』が6月に公開されることが決定し、 ティザービジュアルも公開された。

 本作は、『サタンタンゴ』『ニーチェの馬』で知られるタル・ベーラ監督が後進の育成のために設立した映画学校film. factoryで3年間学び、前作『鉱 ARAGANE』はベーラが監修も果たした小田監督の最新作。

 メキシコ、ユカタン半島北部に点在する、セノーテと呼ばれる洞窟内の泉。かつてマヤ文明の時代、セノーテは唯一の水源であり、雨乞いの儀式のために生け贄が捧げられた場所でもあった。現在もマヤにルーツを持つ人々がこの泉の近辺に暮らしている。

 現世と黄泉の世界を結ぶと信じられていたセノーテをめぐって交錯する、人々の過去と現在の記憶。そこに現地の人たちの語りで流れる「精霊の声」「 マヤ演劇のセリフテキスト」など、マヤの人たちにより伝えられてきた言葉の数々。カメラは水中と地上を浮遊し、光と闇の魅惑の映像に遠い記憶がこだまする。

 小田監督は、いまもこの地に住む人々にも取材し、集団的記憶や原風景を映像として立ち上げようと試みた。小田監督は水中撮影のため、自らダイビングを学んで8mmフィルムカメラ、iPhoneなどを駆使し、これまで誰も見たことのない世界を映し取った。

 公開されたティザービジュアルでは、青く輝く神秘的な泉セノーテの様子とともに、「泉は天井の世界と繋がっている」とコピーが添えられている。

 また、本作の公開にあわせて小田監督の過去作品・ 短編作品の上映も予定。本作は、2月7日から東京都写真美術館で開催される「第12回恵比寿映像祭」でプレミア上映される。

■公開情報
『セノーテ』
6月、新宿K‘s cinemaにてロードショー、全国順次公開
監督・撮影・編集:小田香
エグゼクティブ・プロデューサー:越後谷卓司
プロデューサー:マルタ・エルナイズ・ピダル、ホルヘ・ホルヘ・ ボラド、小田香
現場録音:アウグスト・カスティーリョ・アンコナ
整音:長崎隼人
ナレーション:アラセリ・デル・ロサリオ・チュリム・トゥム、 フォアン・デ・ラ・ロサ・ミンバイ
企画:愛知芸術文化センター、シネ・ヴェンダバル、 フィールドレイン
制作:愛知美術館
配給:スリーピン
日本、メキシコ/2019年/マヤ語、スペイン語/75分/デジタル/原題:TS’ONOT/英題:Cenote
(c)Oda Kaori
公式サイト:http://aragane-film.info/cenote/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ