『麒麟がくる』向井理×滝藤賢一キャラクタービジュアル公開 剣豪将軍・義輝と最後の将軍・義昭

『麒麟がくる』向井理×滝藤賢一キャラクタービジュアル公開 剣豪将軍・義輝と最後の将軍・義昭

 2020年1月19日より放送がスタートするNHK大河ドラマ『麒麟がくる』より、新たなキャラクタービジュアルが公開された。

 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。

 光秀を長谷川博己、信長を染谷将太、斎藤道三を本木雅弘が演じるほか、木村文乃、門脇麦、伊藤英明、南果歩、西村まさ彦、石川さゆり、岡村隆史、堺正章、谷原章介、眞島秀和、川口春奈、吉田鋼太郎、尾野真千子、高橋克典、檀れい、向井理、滝藤賢一らがキャストに名を連ねている。

 このたび公開されたビジュアルは、足利義輝役の向井と、足利義昭役の滝藤。義輝は、剣豪将軍と謳われた室町幕府13代目将軍。父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされる。三淵藤英(谷原章介)を通じて、光秀と知己を得る。義昭は義輝の弟。もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、2020年1月19日(日)より放送予定
※初回75分放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる