横浜流星、清野菜名の印象は「空気感が穏やかな方」 『シロクロ』コメント到着

横浜流星、清野菜名の印象は「空気感が穏やかな方」 『シロクロ』コメント到着

 2020年1月12日スタートの日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)でW主演を務める清野菜名と横浜流星からのコメントが到着した。

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を大胆に暴く様を描く、読売テレビ制作のドラマ。

 清野は、囲碁棋士の川田レンと、世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”を演じる。気弱なレンは直輝に操られ、自由奔放なミスパンダとなる。清野とともに主演を務める横浜が扮するのは、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”でもある森島直輝。1人で別人格を持つという挑戦的な役柄に取り組む清野と、多面性のある役柄を演じることになる横浜が、本作への意気込みを語った。

 清野は、レンとミスパンダという二面性のある役柄を演じるにあたり、心掛けていることについて、「レンとミスパンダはまったく違うキャラクターにしたくて、差を出すように気を付けています。レンはおとなしい女の子で、繊細な部分をどう表現するかが私の課題です。ミスパンダは自由奔放で明るいキャラクターなので、明るさを最大限に出して演じています」とコメント。一方の横浜は、直輝というキャラクターについて、「直輝はいろんな面を持っている男で、何を考えているのか、正義なのか悪なのかも分からなくて、つかめないところが魅力だと思います」と語りながら、「直輝はメンタリストでもあって、人の感情を読み取ったりします。メンタリストの方や精神科医の方が話す動画を見たのですが、皆さん穏やかで話し方が優しいんです。そういう部分は役作りの参考になりました」と役作りについても語っている。

 清野と横浜のコメント全文は以下のとおり。

清野菜名 コメント

脚本を読んでの感想

最初に読んだ時、私は2役を演じるので複雑に感じる部分があって、どうしたら観ている方に伝わりやすくなるかなと思いました。

初共演となる横浜流星の印象

この作品が決まって、横浜さんのことを知っている方々から「すごく良い子だよ」と聞いていたんです。いつも共演者の方と会う前は緊張してドキドキするんですけど、今回は横浜さんとお会いするのが楽しみでした。会ってみたら、皆さんがおっしゃっていた通り、優しくて、自分の飼育員さんになってくれる方なんだなと本当に思いました(笑)。

レンとミスパンダという二面性のある役柄を演じるにあたり、心掛けていること

レンとミスパンダはまったく違うキャラクターにしたくて、差を出すように気を付けています。レンはおとなしい女の子で、繊細な部分をどう表現するかが私の課題です。ミスパンダは自由奔放で明るいキャラクターなので、明るさを最大限に出して演じています。

ミスパンダとしてのアクションをどのように演じたいか

今回は動物的なアクションで、自分に合っていると思いますし、型にはまらず動きたいと思っています。パンダはネコ科と聞いたので、そういう部分もちょっと加えつつ(笑)、思い切りやりたいです。今までにやったことのない技に挑戦したり、ダイナミックなアクロバットもできたらいいですね。

ミスパンダという“ヒーロー”を演じてみて、感じていること

ミスパンダは手段を選ばないキャラクターなので、「本当に正義なの?」と思われるような場面もあります。だから、自分の思い描いていたヒーローとはちょっと違うのですが、派手さがあってカッコ良さを兼ね揃えているパンダです(笑)。私としてはアメコミのヒーローのように、ダイナミックなイメージで演じています。やっていてすごく楽しいですし、新しい自分を発見できた気がします。

『今日から俺は!!』に出演して以来の日曜ドラマ初主演について

去年は『今日から俺は!!』に出させていただいて、またこの場に帰ってこられたのがうれしいです。まったく違った自分を同じ枠でお見せできたらいいなと思います。

このドラマを楽しみにしている視聴者へのメッセージ

私は毎回、今までにないものを作りたいと思って作品に挑んでいます。今回も、今までにない面白いドラマになるようにスタッフ・キャストの皆さんと力を合わせて作っていきたいと思います。アクションも激しく、画面から飛び出すぐらいの勢いでやっていくので(笑)、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

横浜流星 コメント

脚本を読んだ感想

世の中のグレーな人たちにシロクロをつけるというストーリーですが、僕自身も物事のシロクロをつけたいタイプなので、読んでいてスカッとしました。いろんな謎が散りばめられていて、先が気になります。プロデューサーからはキャストが演じているのを見て展開が変わっていくと聞いています。スタッフ・キャストみんなでゼロから作り上げていくことになるのが楽しみです。

初共演となる清野菜名の印象

テレビとかで拝見して、明るい方という印象を持っていました。実際にお会いすると、空気感が穏やかな方でした。すごく動ける方なのでアクションシーンでどんな動きをされるのか楽しみだし、一緒にお芝居をするのも楽しみです。

直輝というキャラクターの魅力をどのようにとらえているか

直輝はいろんな面を持っている男で、何を考えているのか、正義なのか悪なのかも分からなくて、つかめないところが魅力だと思います。普段は大学で精神医学を学んでいる気さくで優しい学生なんですけど、裏ではレンを操ってミスパンダにして、グレーな人にシロクロつけさせている。演じる上では直輝が何を考えているのかを掘り下げて、視聴者の方が「どういう人なんだろう?」と気になるような人物として作っていきたいです。直輝はメンタリストでもあって、人の感情を読み取ったりします。メンタリストの方や精神科医の方が話す動画を見たのですが、皆さん穏やかで話し方が優しいんです。そういう部分は役作りの参考になりました。

『あなたの番です』に出演して以来の日曜ドラマ初主演について

こんなにも早く帰ってこられるとは思っていませんでした(笑)。日曜ドラマは挑戦的な作品の印象があります。今回も、オリジナルですごく挑戦的な作品です。どうなっていくのかは自分たちにも分からないので、そこを楽しみながら、清野さんと一緒に楽しい空気感で撮影していけたらと思っています。

このドラマを楽しみにしている視聴者に向けてメッセージ

SNSで噂が広がりやすい今の時代だからこそ作れる作品であり、共感していただけると思います。毎回放送が終わるごとにSNSで考察して、この作品を盛り上げていただけたら、うれしい限りです。清野さんのすごいアクションは、必見です。僕もアクションをやりたいという気持ちはありますが、今回は操る側なのでアクションがあるのかは、まだ分かりません(笑)。その辺も楽しみにしていてください。 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
日本テレビ系にて、2020年1月12日(日)スタート 毎週日曜22:30〜23:25放送
出演:清野菜名、横浜流星、山崎樹範、吉田美月喜、中田圭祐、祷キララ、山口紗弥加
監督:遠藤光貴
脚本:佐藤友治、蛭田直美
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ
公式サイト:https://www.ytv.co.jp/shirokuro/
公式Twitter:@shirokuro_drama
公式Instagram:@shirokuro_drama

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる