櫻井孝宏が今回も“謎な人物”役に 『HUMAN LOST 人間失格』堀木正雄の新カット公開

櫻井孝宏が今回も“謎な人物”役に 『HUMAN LOST 人間失格』堀木正雄の新カット公開

 11月29日公開のアニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』より、櫻井孝宏が声優を務めるキャラクター・堀木正雄の新場面写真が公開された。

 本作は、太宰治の『人間失格』を屈指のクリエイター陣が再構築したオリジナルアニメーション映画。医療革命により死を克服した昭和111年の東京を舞台に、体内のナノマシンをネットワーク管理する究極の社会システム“S.H.E.L.L.”(シェル)体制によって生かされる人々を描く。文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動く日本で、薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る大庭葉蔵は、謎の男・堀木正雄とともに、特権階級の住まう環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれる。

 櫻井が演じる堀木は、貧困エリア“イチロク”の暴走集団に出入りし、薬物をばら撒く謎の男。国民の健康を管理し無病長寿を保障する国家機関“S.H.E.L.L.(シェル)”に反発する竹一(福山潤)の助言者として周囲に一目置かれているものの、葉蔵からはあまり信用されていないというキャラクターだ。櫻井は堀木について「作品を彩り、影を落とす重要なキャラクター」と言い、彼自身も「ありきたりですが、謎多き男ですね」と表現している。

 櫻井が本作と同じく、宮野演じる主人公ハルオと対をなすキャラクターを演じたのが、『GODZILLA』のメトフィエス役。異星人・エクシフであり、ハルオの良き理解者であったが、徐々に胡散臭い姿を見せ、最後は裏切るという人物だった。『虐殺器官』のジョン・ポール役では、胸の内を一切見せない“虐殺の王”と呼ばれる元言語学者役に。彼が訪れる先々で虐殺が起こり、世界各地に混沌を引き起こしているため、祖国から暗殺指令を受け続けるという人物だった。

 そして、敵役とはいえ人気を誇るのが、『PSYCHO-PASS サイコパス』で演じた槙島聖護役。銀色の長髪で美しい外見を持ち、発生した一連の残虐事件を起こした犯人で、関智一が演じる狡噛慎也と対をなし、互いに互いを宿命として追い求め、追い詰めていった。櫻井が演じた“謎な人物”“影のある人物”は多く、最新作の『HUMAN LOST 人間失格』で演じる“謎な人物”堀木正雄への期待も高まる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

※大庭葉蔵の「蔵」は旧字体が正式表記。
※木崎文智の「崎」は「たつさき」が正式表記。

■公開情報
『HUMAN LOST 人間失格』
11月29日(金)公開
声の出演:宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏、福山潤、松田健一郎、小山力也、沢城みゆき、千菅春香
原案:太宰治『人間失格』より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木崎文智
ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
(c)2019 HUMAN LOST Project
公式サイト:human-lost.jp
公式Twitter:@HUMANLOST_PR

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ