田中みな実、“女優らしさ”の徹底で活路を開くか パブリックイメージを逆手にとってドラマで活躍

田中みな実、“女優らしさ”の徹底で活路を開くか パブリックイメージを逆手にとってドラマで活躍

 その一方で、最近では『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で彼女の大ファンだという幕内力士・炎鵬と対面し、まるで恋人のように密着してマッサージをしたり、インスタグラムのフォロワー50万人突破を記念して西野七瀬と、60万人突破を記念して指原莉乃との2ショット動画を公開したりと、ネットニュースにさまざまな話題を振りまき芸能人としても活発な動きを見せている田中。12月には初写真集をリリースするとあり、それに向けた話題作りという見方も無きにしもあらずだが、その貪欲な姿勢は逆にひと回りして潔く、むしろ好感さえ持てる。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

田中みな実1st写真集【公式】(@minamitanaka_official)がシェアした投稿

 かつて「女優」はミステリアスで手の届かない存在と同時に、自由奔放に生き、ゴシップやスキャンダラスな話題の中心でもあった。そう考えると、彼女は時代に合わせて実に分かりやすい「女優」像を巧みに演じているとも言える。世間の期待する「田中みな実」をあえて“演じる”ことで、多くのニーズに応えているのだ。

 コンプライアンス遵守、何事においても品行方正が求められる昨今、あえて疎まれ役を買って出て話題を提供する彼女は、よくも悪くも我々の好奇心をかき立てる存在であることは確かである。どこまでが本当の彼女で、どこからが演技なのか。その境界線を飛び越え、田中みな実が真の意味で“女優”として大きく羽ばたく日もそう遠くないかもしれない。

■中村裕一
ライター。ドラマについて書いたり言ったりするのが得意といえば得意です。Twitter
@Yuichitter

■放送情報
木曜劇場『モトカレマニア』
フジテレビ系にて毎週(木)22:00~22:54放送
出演:新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ、森田甘路、関口メンディー、加藤虎ノ介、大地、大倉空人、井上翔太、趣里、小手伸也、山口紗弥加ほか
原作:瀧波ユカリ『モトカレマニア』(講談社『Kiss』連載)
脚本:坪田文
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:並木道子、相沢秀幸
制作著作:フジテレビジョン
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/motokaremania/
公式Twitter:https://twitter.com/motokare_mania
新木優子ドラマ専用アメブロ:https://ameblo.jp/motokaremania-arakiyuko

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ