相武紗季、草川拓弥(超特急)、大野いとら、高畑充希主演ドラマ『同期のサクラ』出演へ

相武紗季、草川拓弥(超特急)、大野いとら、高畑充希主演ドラマ『同期のサクラ』出演へ

 高畑充希が主演を務める10月期の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』に、相武紗季、大野いと、草川拓弥(超特急)、津嘉山正種が出演することが発表された。

 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、高畑演じる忖度できない主人公・サクラが駆け抜けた10年間を1話ごとに1年ずつ描いていく、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)などの脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本作。

 2009年春、精鋭たちが集うスーパーゼネコンの最大手「花村建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。名前はサクラ。彼女は「故郷の島に橋を架ける!」という夢を語ることを憚らない。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。“夢”のために何があろうと自分を貫くことの素晴らしさを教えてくれたサクラが、夢や愛する人を失い、絶望の淵に沈んだ時、同期たちが立ち上がる。サクラを演じる高畑のほか、橋本愛、新田真剣佑、椎名桔平、竜星涼、岡山天音の出演が決まっている。

 相武は、サクラが入社する花村建設の人事部の先輩・火野すみれを演じる。サクラたち新入社員の3週間の新人研修を担当する火野は、サクラとはちょうど10歳年が離れた先輩で、社会人としても、“働く母”としても奮闘中。新入社員ながらも、まったく忖度せずに我が道を行くサクラの行動に振り回されるが、そのまっすぐな生き方に、かつての自分の姿を重ね合わせていく。

 草川と大野は、サクラの隣人カップルを演じる。アパートの壁が非常に薄いため、ほとんどの言動がサクラに筒抜けという設定で、10年間、隣人としてサクラを見守り続けるこのカップルが、サクラの後半の物語のキーパーソンとなる。そして津嘉山は、サクラの祖父役を演じる。

 相武と大平太プロデューサーからはコメントが寄せられている。

コメント

相武紗季

サクラ達を時には厳しく、時には温かく見守りながら、すみれ自身も成長していく10年になると思います。姉御肌な役柄は初めてなので新しいキャラクターを演じることにワクワクしています。
遊川さんの脚本には愛が溢れています。今回の作品もそれぞれの役柄がどう成長していくのか、とても楽しみです。成長して、環境に慣れるほど、全力で何かに向き合う事が難しくなってしまう気がするので、新入社員が新しいことに挑戦している姿はきっと眩しく、羨ましいほどだと思います。先輩の立場として失敗をフォローするのは大変ですが、失敗を恐れず新しい風を吹かせてほしいと思います!

大平太プロデューサー

相武紗季さんとは、8年ぶりのお仕事です。プライベートでも母親となり、今回のスミレ同様、お仕事と育児を両立させている素敵な女性です。今回の役どころは、少し姉御肌なサクラの上司ですが、彼女たちを見ているうちに入社当時の自分の夢や希望を思い出し、現実に追われている今の自分と向き合うリアリティ溢れる女性です。紗季さんの素の魅力が、番組に華を添えてくれると思っています。
隣人役のお二人には、毎回、お約束のようにサクラとの「朝の一コマ」を用意しています。今回のドラマは、サクラの10年間を描くわけですが、全く変わらないサクラに対して、恋人から夫婦になり、子供を産み、転職、離婚の危機を迎え……と変化していく隣人カップルとサクラのやり取りを楽しんでもらえたらと思います。

■放送情報
『同期のサクラ』
日本テレビ系にて、10月期スタート 毎週水曜22:00〜放送
出演:高畑充希、橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音、相武紗季、椎名桔平
脚本 : 遊川和彦
チーフプロデューサー : 西憲彦
プロデューサー : 大平太、田上リサ(AXON)
演出 : 明石広人、南雲聖一
制作協力 : AXON
製作著作 : 日本テレビ
(c)日本テレビ
(c)曽根将樹(PEACE MONKEY)(c)Ray
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/
公式Twitter:https://twitter.com/douki_sakura

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ