ジェームズ・マカヴォイがアリシア・ヴィキャンデルを語る 『世界の涯ての鼓動』インタビュー映像

ジェームズ・マカヴォイがアリシア・ヴィキャンデルを語る 『世界の涯ての鼓動』インタビュー映像

 『世界の涯ての鼓動』より、ジェームズ・マカヴォイのインタビュー映像が公開された。

 『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督が手がけた本作は、世界の果てと涯てに引き裂かれた恋人たちの狂おしくも切ないラブサスペンス。ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニー(アリシア・ヴィキャンデル)とジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか。

『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ インタビュー映像

 MI-6の諜報員ジェームズを演じたマカヴォイは、「主要なキャストはアリシアと僕とソマリア人の男性だ。僕たちが演じた3人はそれぞれ信念を強く持ち、命を捧げる覚悟で行動しているんだ。死を望むわけではないが心の準備はできている。いつ死んでもおかしくない、それは神への信仰だったり、祖国への忠誠心やある崇高な目的のためだ。しかし、そこに愛という要素が加わると、無私の状態を保つのは難しくなる。死への覚悟が揺らぐんだ」と、物語の主人公たちについて語る。

 相手役となる生物数学者のダニーを演じたヴィキャンデルについては、「アリシアとはエージェントが同じなんだ。ある日、エージェントから電話があって、『彼女も応募したよ』と言われた。すばらしい俳優だから共演が楽しみだった。彼女の過去の出演作も観ていたよ。恋人役には年が離れてるけど、僕は気にしてない」とはにかみながら話している。

■公開情報
『世界の涯ての鼓動』
8月2日(金)、TOHOシネマズシャンテほかにて全国順次公開
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アリシア・ヴィキャンデル
配給:キノフィルムズ/木下グループ
原題:Submergence/2017年/ドイツ・フランス・スペイン・アメリカ/英語・アラビア語/カラー/ビスタサイズ/DCP/5.1ch/112分 字幕翻訳:松浦美奈/レーティング:G
(c)2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE
公式サイト:kodou-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる