佐藤信介監督、Netflixで『今際の国のアリス』映像化 原作・麻生羽呂「作家冥利に尽きます」

 麻生羽呂原作『今際の国のアリス』が、佐藤信介監督によりNetflixオリジナルシリーズとして2020年に映像化されることが決定した。

 『今際の国のアリス』は、『週刊少年サンデーS』(小学館)にて2010年から2015年まで連載後、『週刊少年サンデー』(小学館)にて2015年から2016年まで連載され、単行本は全18巻にも及ぶ大人気コミックス。やりきれない日常に苛立つ無職の有栖(アリス)良平が、仲間二人と東京をブラつくある日、不思議な光が放たれ、気づけば周囲の人気は消えていた。しかし、その空っぽの東京ではゲームが次から次へと始まり、一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスたちは必死に戦うしかないのだった。今際の国で巻き起こる、ミステリー・アクション・人間ドラマ満載のSFサバイバル・シリーズとなる。

 『アイアムアヒーロー』、『GANTZ』、『いぬやしき』や、原泰久のベストセラー漫画を実写化した映画『キングダム』など手がけてきた佐藤監督が、Netflixオリジナルシリーズとして本作の映像化に挑む。

原作者・麻生羽呂コメント

実写化決定について

物心ついた頃から映画やドラマなどの映像作品が何より好きな表現媒体だったので、映像化は悲願でした! ひとりの漫画家の頭の中だけで作った物語が、大勢の関係者の化学反応で新たな作品に創り上げられていくのは、とても楽しみで、作家冥利に尽きます。

佐藤監督による実写化について

佐藤監督の作品はいち観客として、とても楽しく観させていただいてました。何度か打ち合わせでお会いする機会がありましたが、芯に宿る映像作品への情熱や、譲れないこだわりのようなものを感じ、この方にお任せして大丈夫だ!という安心感しかありません。今日本で一番乗りに乗ってる監督! 目一杯の信頼と期待を寄せて、完成が待ち遠しいです。

監督・佐藤信介コメント

実写化への意気込み

ある日忽然と、東京から人が消えた。残された者たちの運命は……。誰も見たことのない世界で、予想もできない物語が展開される。Netflix オリジナルシリーズとして語られるこの作品は、映画という時間の枠を越え、しかも映画級の質で描き切る、長大なシネマとも言えるものです。映画でもない、ドラマでもない。激変するメディアの最前線で、全く新しい表現に挑みます。配信は2020年。お楽しみに。

世界配信に当たって意識すること

前作『BLEACH』は、日本以外ではNetflix オリジナルとして、世界190カ国に独占配信され、Netflix上で英語以外の作品として、非常に成功しました。世界中で、本当に多くの人々に見られ、支持され、今も見られ続けています。その反響によって、世界配信がどれほどの影響力を持っているのか、身をもって実感しています。そこで、初めから世界配信を念頭に置き、制作することで、さらに強いインパクトを世界中の人々にもたらせるのではないかという考えから、この作品に取り組んでいます。映画と同等かそれ以上の予算をかけ、最初から世界のマーケットを狙って作るという意味では、映像制作のこれからの形を模索する仕事になると思っています。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
2020年、Netflixにて全世界独占配信予定
原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館)
監督:佐藤信介
脚本 渡部辰城・倉光泰子・佐藤信介
企画・制作:(株)ロボット
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる