小木博明、上地雄輔、本多力、岸井ゆきの、高杉真宙主演『前田建設ファンタジー営業部』に出演

小木博明、上地雄輔、本多力、岸井ゆきの、高杉真宙主演『前田建設ファンタジー営業部』に出演

 高杉真宙主演映画『前田建設ファンタジー営業部』に、小木博明(おぎやはぎ)、上地雄輔、本多力、岸井ゆきのが出演することが決定した。

 2003年よりWebで連載されている『前田建設ファンタジー営業部』は、実在する企業・前田建設工業株式会社が、アニメやゲームの世界に存在する、特徴ある空想上の構造物・建造物の建設を「本当に受注し、技術の粋を集約し実現するとしたらどうなるかという、誰もが子供の頃に思いを馳せたファンタジーの世界を現実に再現したい!」という企画を、工期・工費を含め正確に検証するウェブコンテンツ。

 本作の舞台は、2003年バブル崩壊後の建設業界。ある日、アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プールを、「現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?」とマジンガーZが格納されている光子力研究所の所長・弓教授から発注を受けた……というテイで検証するWeb連載をしよう!と広報グループ長が提案する。広報グループの若手会社員・土井航は、プロジェクトに携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものに対して どこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、「意味のないこと」だと思っていた業務に本気で取り組んでいく。

 「ファンタジー世界からの受注」という奇想天外な企画を立案した破天荒な上司役を小木、ファンタジー営業部のメンバー役として、上地、本多、岸井が登場する。

 脚本を手がけるのは、ヨーロッパ企画代表の上田誠。『あさひなぐ』『映画 賭ケグルイ』の英勉が監督を務める。映画の公開は、2020年を予定している。

小木博明 コメント

最初に内容を聞いた時に、ファンタジーか……と思ったのですが、よくよく聞いてみると、僕が何よりも大好きな実話を基にした映画だということで、がぜんやる気になりました。さらに僕の役柄のモデルとなった方にもお会いして忠実に役作りをさせて頂きました。だから、映画を観る方にご理解頂きたいのですが、下手とか思っては駄目です。

上地雄輔 コメント

初めて顔合わせる際に、多くのスタッフが楽屋に来てくださったのですごくこの作品に対する気持ちを感じました。ここまでスタッフさんや共演者の方と初めましての方が多い現場もこの20数年間無かったので、どういう作品でどういう現場になるのか楽しみな気持ちと、初心にかえる気持ちで撮影に臨もうと思いました。

本多力 コメント

舞台化のときに思った「あの作品が舞台に!?」という驚きを超える「あの作品を映画に!?」という驚きがありました。キャストを見て「どんな組み合わせ!?」と更に驚きました。映画観て「こんなことに熱くなってる人達がいたんだ!?」と驚いて欲しいです。

岸井ゆきの コメント

マジンガーZの格納庫を作ろう、って、SFですか! え? ウェブで…? 最初はあまり意味が分からなかったのですが、大人の自由研究みたいで面白そうだな、と思いました。実際に設計図や模型、掘削などを目の当たりにすると、もー少年の心が騒いで、『興味がなさそうなエモト』というト書きを忘れてうっかりワクワクしてしまうほどでした! 

■公開情報
『前田建設ファンタジー営業部』
2020年全国公開
原作:『前田建設ファンタジー営業部1 マジンガーZ地下格納庫編』(幻冬舎文庫刊)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:英勉
出演:高杉真宙、小木博明、上地雄輔、本多力、岸井ゆきの
制作:ADKクリエイティブ・ワン/パイプライン
配給:バンダイナムコアーツ/東京テアトル
(c)前田建設工業株式会社/Team F (c)ダイナミック企画・東映アニメーション

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ