>  >  > 実力派の役者を揃えたショールーム「ユマニテ」

安藤サクラ、岸井ゆきの、東出昌大、岡山天音……実力派揃いの「ユマニテ」俳優がドラマ界支える

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、『トドメの接吻』(日本テレビ系)で、謎の女・宰子を演じた門脇麦。不気味な「キス女」として登場するも、実は山崎賢人演じる旺太郎をタイムリープのキスで助け続けてきたことが後に判明、回を追うごとに不気味さが薄れて健気で可愛く見えてしまったのは、門脇麦の達者な演技力あってのものだった。

門脇麦『トドメの接吻』(C)日本テレビ

 『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)において、ディーン・フジオカ演じる真海が復讐のターゲットとして近づく一人、人気俳優・南条のマネージャー・愛梨を演じていた桜井ユキも忘れてはいけない。これまでは妖艶でセクシーな役柄を演じることも多かったが、本作でメガネの敏腕マネージャーとして登場したときには、すぐに一致しなかった視聴者も多かった。しかも、実は復讐における重要な役割を担っており、シーンによって別人のような表情を見せることには、称賛の声が多数あがっていた。

桜井ユキ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』より(C)フジテレビ

 上記のように、2018年に大いに活躍したユマニテの役者たち。さらに2019年は、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に、日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」の一員として、満島真之介が出演。また、深夜ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(TBS系)では、本田翼とのW主演として、岡山天音がオタク男子役を演じている。

 ドラマ好きがついつい反応してしまう実力派の役者を揃えたショールーム、あるいはセレクトショップのような事務所「ユマニテ」。バラエティやトーク番組などに、番宣で幅広く露出するトーク力も達者な役者が多い昨今、スター俳優の東出昌大を除き、ほとんど演技仕事以外ではテレビに出ない「純然たる役者事務所」というのも気になるポイントだ。2018年から引き続き、2019年もユマニテに、さらに満島真之介、岡山天音の活躍に期待したい。

■田幸和歌子
出版社、広告制作会社を経てフリーランスのライターに。主な著書に『KinKiKids おわりなき道』『Hey!Say!JUMP 9つのトビラが開くとき』(ともにアールズ出版)、『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(太田出版)などがある。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『まんぷく』
10月1日(月)〜2019年3月30日(土)【全151回】
作:福田靖
出演:安藤サクラ、長谷川博己、松下奈緒、要潤、大谷亮平、桐谷健太、瀬戸康史、岸井ゆきの、松井玲奈、深川麻衣、さとうほなみ、玄理、矢柴俊博、加藤雅也、牧瀬里穂、松坂慶子ほか
語り:芦田愛菜
制作統括:真鍋斎
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

      

「安藤サクラ、岸井ゆきの、東出昌大、岡山天音……実力派揃いの「ユマニテ」俳優がドラマ界支える」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版