岡田将生と山崎育三郎が目指す落語界の未来 『昭和元禄落語心中』2人は別々の道へ

『昭和元禄落語心中』それぞれの落語

 やり方は違えど、2人が落語界の事を想う気持ちは変わらず一緒だった。“自分の落語”を長い二ツ目生活で見つけた2人は、それぞれの道で落語の生き延びる道を作ろうと約束を交わす。客に合わせて変化していく落語と、いつの時代も変わらない落語を貫いていくことを誓った。

 ここで八代目八雲(菊比古)が与太郎(竜星涼)とした3つの約束のうちのひとつが思い出される。八雲は、この約束はどちらかが欠けてもできないものであると言い、助六がいなくなった穴を与太郎に託した。

 さて、八雲の過去編もいよいよクライマックスとなる。助六は師匠との口論が原因となり破門に追いやられてしまう。果たして、助六の人懐っこい落語をもう一度聞ける時は訪れるのだろうか。

(文=馬場翔大)

■放送情報
ドラマ10『昭和元禄落語心中』
NHK総合にて、毎週金曜22:00~放送
出演:岡田将生、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎
脚本:羽原大介
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/index.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる