「俺ちゃん」の健闘と今後への不安 『デッドプール2』の興行を振り返る

「俺ちゃん」の健闘と今後への不安 『デッドプール2』の興行を振り返る

 最初の不安は、さすがに『アベンジャーズ』クラスのヒットとまではいかないものの、失敗が許されない状況下(もし失敗したら、せっかくうまくいっている『デッドプール』シリーズを失速させてしまうことになる)において、果たして本当に『X-Force』のプロジェクトは成功するのかということ。『デッドプール』シリーズの面白さは製作・主演のライアン・レイノルズのスタンドプレーをいかにうまく作品に取り込むかが命と言えるだけに、もしデッドプールがチームの中に埋没してしむようなことがあったら、必ずしも現在までの『デッドプール』シリーズを超えるヒットとなるとは限らないだろう。

 もう一つの不安は、仮に『X-Force』が海外で成功したとしても、必ずしも同じように日本で成功するとは限らないということ。『デッドプール』でようやく海外と日本の温度差がほぼなくなったとはいえ、『デッドプール』『X-Force』の母体である『X-MEN』シリーズの興行は、これまで日本ではかなり苦戦してきた。逆に言えば、『デッドプール』の日本での成功は、『X-MEN』シリーズとイメージが切り離されたからこそ実現したとも言える。ここまで育ってきた日本での『デッドプール』人気を、『X-Force』はさらに発展させることができるのか? ちょっと気の早い話だが、ファンとしてはとても気がかりなのである。

■宇野維正
映画・音楽ジャーナリスト。「リアルサウンド映画部」「MUSICA」「装苑」「GLOW」「NAVI CARS」「文春オンライン」「Yahoo!」ほかで批評/コラム/対談を連載中。著書『1998年の宇多田ヒカル』(新潮社)、『くるりのこと』(新潮社)、『小沢健二の帰還』(岩波書店)。Twitter

■公開情報
『デッドプール2』
全国公開中
監督:デヴィッド・リーチ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリン、モリーナ・バッカリン、ジュリアン・デニソン、ザジ・ビーツ、T・J・ミラー、ブリアナ・ヒルデブランド、ジャック・ケーシー
配給:20世紀フォックス映画
(c)2018Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://deadpool.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「興行成績一刀両断」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる