命がけで炎と戦う“ホットショット”たちの姿が 『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像

命がけで炎と戦う“ホットショット”たちの姿が 『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像

 6月22日に公開される映画『オンリー・ザ・ブレイブ』より、新たな場面写真と本編映像が公開された。

 本作は、2013年の米アリゾナで、未曾有の巨大山火事にたった20人で立ち向かった、“ホットショット”と呼ばれる精鋭部隊の男たちの姿を描いた英雄物語。『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキーが監督を務め、ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーらが出演した。

『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像

 公開された場面写真には、森林火災のスペシャリスト“ホットショット”たちが写し出されている。また、燃え盛る山火事を背に彼らが決死の消化活動を行う本編映像が公開となった。本作で描かれる“ホットショット”とは、アメリカでは消防界のネイビーシールズとまで言われる対山火事の精鋭集団。日頃から厳しい訓練をこなし、山火事の真っ只中に飛び込む命知らずな男たちだ。

 そんな“ホットショット”を演じたのは、ブローリンやキッチュなど総勢20名の俳優たち。彼らを束ねるリーダーのマーシュを演じたブローリンは、マーシュについてリサーチを進めるほど彼に共感を覚えるようになったといい、「彼はすぐに華々しいスタートを切れたわけじゃない。あらゆることで苦労を強いられた。彼には人間味があり欠点もあったが、素晴らしいリーダーになるための資質を学んだんだ。彼がホットショットの指揮官になるまでに費やした努力の大きさに僕は感動した」と語る。

 落ちこぼれのブレンダンを演じたテラーは「僕が手を抜いていい加減な仕事をしたり努力を惜しんだりすれば、僕の後に続く連中が余計な負担を強いられる。この仕事は、そういう自分勝手な態度の人間をふるい落とすようにできているんだ」と劇中で描かれる仲間の絆に魅力を感じたことを明かしている。

 また、当初はブレンダンに不満を抱いていたものの、後に彼の親友となる情の熱い男クリス・マッケンジーを演じたキッチュは「彼はすごい奴だと思う。言うなれば一流の道化師で、いつもみんなを明るい気持ちにさせている」とコメントした。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『オンリー・ザ・ブレイブ』
6月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリー
配給:ギャガ
原題:Only the Brave/2017/アメリカ/カラー/134分
(c)2017 NO EXIT FILM, LLC
公式サイト:http://gaga.ne.jp/otb/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる