>  >  > 『花晴れ』充足感のヒミツは“シンクロ”?

杉咲花&平野紫耀を軸に四角関係が展開 『花のち晴れ』充足感のヒミツは“シンクロ”にアリ!?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音(杉咲花)と晴(平野紫耀)、そして紺野(木南晴夏)とミータン(浜野謙太)の4人でグループデート中、もんじゃ焼き屋に愛莉(今田美桜)が乗り込んできて波乱の展開を予感させた第3話のエンディング。ところが突然深々と謝罪をし、友達になろうと言い出す愛莉。困惑する音と、何か裏があるのではないかと気が気でない晴。

 5月8日に放送されたTBS系列火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の第4話は、本作のメインカップルである音と晴それぞれのライバルの存在(音に一途に想いを寄せる天馬と、晴に一途に想いを寄せる愛莉の2人だ)にフォーカスを当てることで、彼らが織りなす“四角関係”を盛り立てる。それと同時に、本作における重要な要素を浮き彫りにさせるエピソードとなった。

 友達として小学校時代の“黒歴史”である、晴に想いを寄せるきっかけとなった遠足での出来事を音に話す愛莉。そして音をだまし討ちにしようと誘い出したレストランで、晴に語りかける“秘密基地”の思い出。一方で、愛莉の策略によって音とともにレストランの冷蔵庫に閉じ込められた天馬(中川大志)が、寒さに震えながら音を抱きしめて語る、子供の頃の軽井沢の別荘で同じように暖め合ったこと。

 2組の幼なじみがそれぞれ大事にしていた共通の記憶を、第三者の前で語るという共通点をはじめ、今回のエピソードの鍵となる絵本(この『むらさきの花のひめ』という絵本は、TBSの古谷有美アナウンサーがイラストを手がけたオリジナルの絵本だそうだ)を音も愛莉も読んでいたという偶然。これらドラマとしてはあまりにもできすぎた展開にも思えてしまう“シンクロ”の数々が、本作にとって重要な役割を果たしていくのだ。

      

「杉咲花&平野紫耀を軸に四角関係が展開 『花のち晴れ』充足感のヒミツは“シンクロ”にアリ!?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版