>  >  > キャストらが語る『メイズ・ランナー3』

『メイズ・ランナー』キャスト&監督、完結編を語る映像公開 「感情が渦巻く傑作さ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月15日から全国ロードショーされる映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』から、キャストと監督が本作について語る特別映像が公開された。

 シリーズ3作目で完結編となる本作は、“WCKD(ウィケッド)”に捕らわれたミンホ(キー・ホン・リー)を助けるべく、トーマス(ディラン・オブライエン)たちがWCKD本部に侵入するというストーリー。監督は前2作に引き続きウェス・ボールが務め、オブライエンやリーをはじめ、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、パトリシア・クラークソン、ローサ・サラザールらが続投している。

 今回公開された特別映像では、冒頭から「三部作の完結編としてふさわしい、壮大な物語のアクション超大作」とボールが宣言。テレサ役のスコデラリオは、「ひとつのシリーズとして一貫性があるのは同じ監督だからよ。喜ばしいことだわ」とボールが作り上げた世界観が見どころだと指摘し、ニュート役のブローディ=サングスターも「全3作とも同じ監督で良かった。シリーズを通じて物語と雰囲気が一貫している」と続ける。

 また、オブライエンは「三部作の最後を飾るのにふさわしい、感情が渦巻く傑作さ」と本作を絶賛し、ミンホを演じたリーは「命懸けの大バクチだからこそ、スリル満点のアクションが続く」とアクションシーンについても言及している。 

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』特別映像

■公開情報
『メイズ・ランナー:最期の迷宮』
6月15日(金)全国ロードショー
監督:ウェス・ボール
原作:ジェイムズ・ダシュナー
キャスト:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ 、トーマス・ブローディ=サングスター、キー・ホン・リー、パトリシア・クラークソン、ローサ・サラザール
配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/

「『メイズ・ランナー』キャスト&監督、完結編を語る映像公開 「感情が渦巻く傑作さ」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版