“肉まんくん”から“ブッチャー”へ 快進撃を続ける矢本悠馬、年齢不詳のフレッシュさ

“肉まんくん”から“ブッチャー”へ 快進撃を続ける矢本悠馬、年齢不詳のフレッシュさ

 こうした大胆かつ順応性の高い演技は、スタッフや共演者たちとの信頼関係があるからこそ成立するものなのではないだろうか。『君の膵臓をたべたい』で共演した北村は、矢本と7つも年が離れているが「過去何度も共演し、気心が知れている自然の空気感が作品に出ている」と2人のシーンをお気に入りに挙げており、『トリガール!』で共演した間宮祥太朗も、過去の共演で信頼関係が出来上がっていることを明かしていた。

 そこには矢本自身の現場での姿勢が大いに影響しているのだろう。矢本は「若い人が多い現場では、自分が一番年下みたいな扱いを受けています。やっぱり年が上の人間は、下の子を緊張させてはダメだと思う」と共演者がリラックスできる環境を作ることを心がけているという。

『半分、青い。』より(写真提供=NHK)

 まさに矢本の現場での立ち振る舞いに似た面を持つ「ブッチャー」。本作では、鈴愛の半世紀の物語が描かれるということになっており、今後「ブッチャー」はどの程度の年齢まで描かれるかは現時点では明かされていないが、「大人の役をやりたい。大人になりたい!」と懇願していた矢本の大人になった「ブッチャー」もぜひ見てみたいと思わせるほど愛らしいキャラクターだ。

■磯部正和
雑誌の編集、スポーツ紙を経て映画ライターに。基本的に洋画が好きだが、仕事の関係で、近年は邦画を中心に鑑賞。本当は音楽が一番好き。不世出のギタリスト、ランディ・ローズとの出会いがこの仕事に就いたきっかけ。

■公開情報
『ちはやふる -結び-』
全国東宝系にて公開中
出演:広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人、松田美由紀、國村隼
原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社『BE・LOVE』連載)
監督・脚本:小泉徳宏
企画・プロデュース:北島直明
プロデューサー:巣立恭平
(c)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀/講談社
公式サイト:http://chihayafuru-movie.com/

■放送情報
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』
平成30年4月2日(月)~9月29日(土)<全156回(予定)>
作:北川悦吏子
出演:永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一/佐藤健、原田知世、谷原章介/余貴美子、風吹ジュン、中村雅俊/豊川悦司、井川遥、清野菜名、志尊淳、中村倫也、古畑星夏
制作統括:勝田夏子
プロデューサー:松園武大
演出:田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる