>  >  > 『坂道のアポロン』舞台挨拶レポ

知念侑李&中川大志、『坂道のアポロン』完成披露でイチャイチャ炸裂 「目合うたびにキュンキュンする」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2月5日、東京・EX THEATER ROPPONGIにて映画『坂道のアポロン』の完成披露舞台挨拶が行われ、主演の知念侑李(Hey! Say! JUMP)をはじめ、中川大志、小松菜奈、中村梅雀、真野恵里菜、三木孝浩監督が登壇した。

(左から)三木孝浩監督、中村梅雀、中川大志、知念侑李、小松菜奈、真野恵里菜

 漫画家・ 小玉ユキによる同名コミックを実写映画化した本作は、クラシックピアノが得意な少年・西見薫(知念)が、転校先の高校で川渕千太郎(中川)と出会い、ジャズを通して人生を切り開いていく物語。『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの三木がメガホンを取った。

 本作が初単独主演となる薫役の知念は、ブラウンのスーツに赤いボーダーのネクタイで登場。初単独主演はかなりプレッシャーだったようで、「話を聞いたときからずっとドキドキで、プレッシャーがすごくて、今日もすごくドキドキしているんですけど、一緒にいらっしゃるキャストの皆さん、そして監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えられて、本当に素敵な作品になったと思います」と周囲のサポートが励みになったことを明かす。その後司会者から、一歩前に出たあいさつの礼儀正しさを褒められ、照れながらも「我が強すぎました」と自虐気味に返答し、会場を湧かせた。

 本作を「愛している」と大絶賛する薫の親友・千太郎を演じた中川は、「ついに、皆さんに観ていただける日がきて、ちょっと寂しいような気持ちもあるんですけど、皆さんにどのようにこの作品を受け取っていただけるのか、本当にドキドキワクワクしています」とコメント。

小松菜奈

 佐世保で行われた撮影はいい雰囲気の中進んだようで、ヒロイン迎律子を演じた小松は、「毎日が楽しく、この時間が終わってほしくないと思うような日々だった」と振り返る。メガホンを取った三木も、完成披露舞台挨拶というのは監督にとって緊張する場だと前置きした上で、「初めて自信を持って舞台に立てている」と吐露。キャスト陣の引っ張りを感謝しつつ、「僕にとっても一生ものの映画になったような気がします」と本作への自信をアピールした。

 また、劇中で、知念はピアノ、中川はドラムを演奏するシーンがあるのだが、律子の父・勉を演じた中村は「セッションのシーンは世界に誇れるシーンが撮れた」と太鼓判。

 知念はピアノの練習に10か月ほどかけたそうで、「一番始めに『Moanin』という曲のイントロを2時間くらい練習したんですけど、その時に周りの大人がびっくりするくらい褒めてくださって、『なんか、イケんじゃないか?』って勝手に思ってしまいました」と楽しく練習に挑めた様子。「褒めてもらうとモチベーションが上がりますよね」という司会者からの問いに、「(褒めるのが)うまかったですね〜。ノリましたね気持ちが(笑)」と語り、ファンから笑みが溢れた。

 それに対し、ドラムの練習を一昨年の7月に始めたという中川は、初練習の際に慣れないジャズドラムが全く叩けず、「千太郎役を降ろされたな」と不安でいっぱいだったと言う。中川と知念は、互いに練習の出来について連絡を取りながら、モチベーションを高めあっていたそうだが、知念の進み具合に焦りながら練習をしたと語る中川に、「こっちも焦ったよ」と知念がツッコミ。中川は、プロデューサーが本人のいないところで知念を褒めていたことに焦りを感じたと答えたが、実は知念も中川が褒められることに焦りを感じていたことが壇上で明らかになり、「なんか大人たちにうまくコントロールされていましたね〜」と笑いながら知念がコメント。2人の掛け合いには、三木監督からも「仲いいな、おい」と指摘されていた。

 そんな2人について小松は、「(セッション中の)2人の視線が熱くて、でも時に目線がイチャイチャしてて、『なんだこれは……!』と思う時もあった」と語るが、「イチャイチャなんてしてないよね〜」と照れながら知念が否定。しかしその直後に、「かわいいネクタイ」だねと知念のネクタイを中川が触り、知念は中川に「かわいい、靴下」と互いに褒め合う姿を披露。その仲の良さには、会場からも黄色い声が上がっていた。

中川大志とアイコンタクトをしながらピアノを演奏する知念侑李

 また、会場にはドラムとキーボードがセッティングされており、会場の大きな期待に応え、知念と中川は生演奏にチャレンジ。演奏前に音を鳴らすだけで会場から悲鳴が上がり、「頑張れ」とファンから声援が送られる中、2人は熱いアイコンタクトを交わし「Moanin」を息ぴったりに披露した。

 しかし曲は一転し、バースデーソングに。実は、2月16日に22歳を迎える小松へのサプライズが用意されており、会場一体となって小松の誕生日を祝った。演奏を終えた知念と中川は、緊張感からの開放からか、思わずハグ。「まさかすぎて、よく分からない」と言いつつも、小松は大喜びだった。

知念侑李と息の合ったドラムを披露する中川大志

 今回の演奏は撮影が終わって以来、約半年ぶりとなるセッションだったようで、「久しぶりに目を合わせてやると熱くなるものがあるね」と知念がコメント。それに対し中川は「目合うたびに、キュンキュンするんですよ」と知念へラブコールを送った。

 ほのぼのとした30分間の最後に知念は、「どの世代にも通じる心に刺さる作品なので、大切な人と観に行ってほしいと思います」とあいさつ。初単独主演の不安を感じさせぬ堂々のコメントで、本イベントは幕を閉じた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(取材・文=阿部桜子/写真=宮川翔)

■公開情報
『坂道のアポロン』
3月10日(土)全国ロードショー
出演:知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、山下容莉枝、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、野間口徹、中村梅雀、ディーン・フジオカ
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉
原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
製作幹事:アスミック・エース、東宝
配給:東宝=アスミック・エース
制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
(c)2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 (c)2008 小玉ユキ/小学館
公式サイト:http://www.apollon-movie.com/
公式Twitter:@apollonmovie
公式Facebook:https://www.facebook.com/apollonmovie

「知念侑李&中川大志、『坂道のアポロン』完成披露でイチャイチャ炸裂 「目合うたびにキュンキュンする」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版