マーベル・スタジオ社長、R指定映画製作に否定的か MCU「フェーズ3」新作に言及

マーベル・スタジオ社長、R指定映画製作に否定的か MCU「フェーズ3」新作に言及

 しかし、ファイギには譲れない点もあるという。マーベルでは珍しく、R指定を受けた『デッドプール』と『ローガン』が爆発的ヒットを放ったが、ファイギはR指定の映画製作には否定的だ。「どちらの作品も、R指定であることが成功の要因ではないと考えている。リスクを負いながらもチャンスをものにし、クリエイティビティの限界を突き破ったことが成功につながった。みんな、この点を考慮するべきだ」と言い、これから先はR指定の映画製作は考えていないことを明かした。

 「フェーズ3」の最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、日本では5月12日から公開が始まる。今後もMCU作品はますます盛り上がることが予想されるので、過去の作品を観ておくとより一層楽しめるであろう。

■賀来比呂美
ライター/編集者。大学で映画学を専攻。海外セレブ情報誌の編集者を経て、現在、「シネマカフェ」、「Petomorrow」などで執筆。好きな監督はウェス・アンダーソン、好きなものは映画、海外ドラマ、お酒、犬猫。

■公開情報
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
5月12日(金)全国ロードショー
監督:ジェームズ・ガン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナほか
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)Marvel Studios 2017
公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ