MORISAKI WIN(森崎ウィン)、ダンス&ボーカルにクルーが熱狂 エンターテイナーとしての確かなポテンシャル

MORISAKI WIN、初の有観客ライブレポ

 俳優・歌手として活動するMORISAKI WIN(森崎ウィン)が9月20日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて、初の有観客ライブ『MORISAKI WIN FIRST FLIGHT』を開催。昼夜2回の公演を行い、熱いステージでファン=クルーを魅了した。

 昨年7月にMORISAKI WINとしてメジャーデビュー。今年5月には1stアルバム『Flight』をリリース、5つの音楽配信サービスで1位を獲得と、満を持して迎えた公演当日。ステージをブルーの照明が照らし、オーディエンスからのクラップで迎えられたOvertureを経て、メジャーデビュー曲「パレード – PARADE」へ。笑顔を浮かべながら軽やかにステップを踏むMORISAKI。サビではオーディエンスも左右にゆっくりと手を振り、会場には早くも一体感が生まれた。そのボルテージをさらに引き上げるかのようにキーボードのソロ演奏が響く。続いてMVが公開されている「WonderLand」では、スタンドからマイクを外し、さらに声量を増して歌い上げた。

 「『MORISAKI WIN FIRST FLIGHT』Night Flightへようこそ!」。MORISAKIの声に拍手で応えるオーディエンス。「今日は思う存分いっぱい手を叩いてください、OK?」と投げかけると、さらにたくさんの拍手が寄せられた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる