HOWL BE QUIET、2年ぶりのワンマンライブ『Continue』 久々の再会、音楽を通じてリスナーと通わせた心

HOWL BE QUIET『Continue』レポ

 8月29日、HOWL BE QUIETのワンマンライブ『Continue』が開催された。2年ぶりであるワンマンの開催を見届けに、WWW Xには多くのファンが集まった。

 拍手に包み込まれる中メンバーがステージに現れ、竹縄航太(Vo/Gt/Pf)がキーボードを奏でてライブは開幕する。「From Birdcage」の〈君も一緒に 逃げ出そうよ〉の歌詞が優しくオーディエンスをライブの世界に導いた。続く「ギブアンドテイク」ではオーディエンスも手を挙げて盛り上がる。柔らかい竹縄の声とハイハットが小刻みに鳴らされる岩野亨によるドラムが軽やかさを演出する。竹縄のキーボード中心の間奏がきらびやかで、序盤でありながらぐっとくる。

 「今日は声は出さずに自由に楽しんで」という竹縄の挨拶が終わると同時にカウントではじまった「幽霊に会えたら」では、黒木健志が鳴らすイントロのギターとキーボードのユニゾンが気持ちいい。裏のリズムが特徴のユニークな展開もカラフルな照明に彩られ、オーディエンスの心を湧きたたせた。

 改めまして、と挨拶をすると、「ワンマンとして歌えるのはかれこれ2年ぶり。まずは来てくれてありがとうございます。調子はどうだい?」と再会を喜んだ。久々の開催だからといって力むことのない、どこかゆるさのある雰囲気は竹縄の人柄に所以しているのかもしれないし、メンバーの長い付き合いからくる信頼や打ち解けた雰囲気からくるのかもしれない。会場が拍手で挨拶に応えると、竹縄はアコギに持ち替え、「孤独の発明」へ。〈僕のことは僕が一番分かってるから〉とどこか寂しそうに歌い上げる。カウントを合図に爆発するような圧を開放した「Dousite」。手振りを交え、〈君が羨ましい〉と語りかけるようにオーディエンスに手を伸ばす。

 重みのあるキックが気持ちの大きさを代弁する「ベストフレンド」では、竹縄の声のやさしさが強調される。松本拓郎の低音を動くベースが気持ちの揺らめきを表しているようで、哀愁がある。竹縄の歌が中心にあるときはあくまでも楽器はそれを彩るものといったはたらきをしているように聴こえるが、間奏などでは楽器が存分に持ち味を発揮する。そのギャップや音色、抑揚の違いが一曲の中で変化し、オーディエンスを引き込んでいく。

 去年の配信ライブではやらなかった曲を、と「矛盾のおれ様」を披露。赤のスポットライトに彩られ妖しい雰囲気を醸しながらクールに演奏。それぞれ身体を動かし紡いでいく。〈「空回りしちゃって 愛想尽かされちゃって…」〉と言葉数の多い部分に重ねるように楽器隊もヒートアップ。まるで感情の移り変わりを見ているようだ。鮮明な歌詞が特徴でもある彼らの楽曲だが、それらは繊細な演奏によって感情の表現が丁寧になされる。ライブだと尚更だ。

 竹縄がハンドマイクで手を伸ばし「バーバラ」を披露。ギターのカッティングがノリを生みだす。〈会いたい〉と歌い切ったあとの間奏のキーボードが切なさの余韻を残した。この2年の間にバンドを代表する楽曲になった「ラブフェチ -歴代の仲間入りver-」、「コーヒーの歌」では共感を呼ぶようなみずみずしい歌詞が竹縄の声色の変化によってポップに彩られる。息の多めな低い声でミステリアスさを醸した「救難戦争」をキーボードで切なく締めくくると、再びキーボードとボーカルから「名脇役」を奏でる。一変してこちらは優しい色で、その違いが強調される。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる