『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』、開催中止

 『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』が開催中止することを発表した。

 同フェスは、2020年8月7日、8日、9日、14日、15日に国営ひたち海浜公園にて開催予定だった。感染防止をテーマに1ステージに絞り、参加者も例年の半分以下にする形で進行していたが、7月2日に茨城県医師会および県下26の医師会等による事務局への中止要請があったという。仮に開催するとしてもさらなる入場制限措置等を講じ、参加者の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すことを要請されたものの、先行受付の段階ですでに収容人数の上限に達し、このタイミングでさらなる入場制限措置をとることはできない状況であること、宿泊や移動を含めた会場外での行動を管理することは実質的には困難であることや、地元病院・医療関係者の理解・協力が欠かせないことから、中止要請を重く受け止めて事務局内で協議を重ねた結果、開催断念の判断に至ったという。

 公式サイトでは『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』総合プロデューサー・渋谷陽一からのメッセージを掲出。なおチケットの払い戻し方法については、7月中旬に発表される。

事務局からのメッセージ

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021の開催を中止いたします。
今年はコロナ禍での開催ということで、感染防止をテーマに例年の7ステージを1ステージにし、参加者を例年の半分以下という形で進めておりました。その中でも非常に多くの方に参加を決めていただいておりました。その事実に、どれだけ励まされたか分かりません。そんな皆さんの強い期待と覚悟に応えることができなかったのは非常に残念であり、大変申し訳無く思います。

私たちは、コロナ禍に於ける安全なフェス実現に向けて、1年以上の長い時間をかけて開催スキームを検討してきました。そして、会場である国営ひたち海浜公園、地元自治体の茨城県やひたちなか市との協議の末に開催の承認をいただいて準備を進めてきました。

7月2日(金)に、茨城県医師会および県下26の医師会等による中止要請が、事務局に対しなされました。また、仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講じ、参加者の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すことを要請されています。
先行受付の段階で、既に収容人数の上限に達し、多くの落選通知を出さざるを得ませんでした。このタイミングでさらなる入場制限措置をとることはできない状況にあります。
また、会場や県、市との協議に基づいて、今年はJR勝田駅および周辺の混雑を緩和するため、収容人数に対し例年以上の専用駐車場を用意し、車やアクセスバスツアーによる直行直帰を推奨しておりました。ただ、皆さんの宿泊や移動を含めた会場外での行動を管理することは、実質的には困難です。

フェスを開催するためには、開催地のご理解とご協力が何より大切です。まして、コロナ禍においてはなおさらです。コロナ対策と熱中症対策の両立を目指し、会場内での救護体制を強化してまいりましたが、地元病院・医療関係者のご理解・ご協力は欠かすことができません。医師会からの中止要請を重く受け止め、事務局内で協議を重ねた結果、ROCK IN JAPAN FESTIVALの開催を断念するしかないと決断しました。

チケットの払い戻し方法につきましては、7月中旬にお知らせいたします。今しばらくお待ちいただければと思います。
今後も、全国各地でフェスの開催が予定されています。その開催を私たちは切に願い、応援しています。そして、参加される皆さんには、フェスを成功に導いてほしいと思います。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』Twitter:https://twitter.com/rockinon_fes
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』公式サイト:http://rijfes.jp
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』総合プロデューサーと事務局からのメッセージ:http://rijfes.jp/2021/info/1928/
Instagram : https://www.instagram.com/jfes_official
『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』公式サイト
公式アプリ「Jフェス」



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる