NiziU、BEYOOOOONDS、日向坂46……『沼にハマってきいてみた』で見えたグループの新たな魅力

 4月14日放送の『沼にハマってきいてみた』(NHK Eテレ)でJO1を特集。JO1に“ハマったさん”への取材や、オーディションの裏話が放送される。同番組では、これまでも様々な新世代グループがピックアップされてきた。そこで、番組から見えたグループの新たな魅力について考えてみたい。

NiziU

『Take a picture/Poppin’ Shakin’』

 オーディション番組『Nizi Project』から誕生したNiziU。番組でオンエアされた“ハマったさん”によるダンスの完コピからは、決して簡単ではないのに真似したくなる、不思議な魅力が溢れていることが伝わった。NiziUメンバーによるダンス講座も見応えがあったが、何よりPerfume・あ~ちゃんが出演し、NiziU愛を語ったのが印象的だった。シーンの第一線でグローバルに活躍する、いわばNiziUの先輩にあたるあ~ちゃんが「MAKOちゃんの素敵なところは、人と比べてどうとかではなくて、自分のなりたい自分に近づけるようにいつまでも追求していけるところ」と真剣な眼差しを見せたことは、MAKOにとっても自信になったのではないだろうか。メンバーがリラックスして番組に臨んでいたことも印象的で、WithU(NiziUファン)からは喜びの声が多く見られた。

BEYOOOOONDS

 過去には、ハロー!プロジェクトの新星グループ・BEYOOOOONDS特集も。“寸劇ライブパフォーマンス”の練習スタジオに密着したVTRがオンエアされた。複数のことに気を配る練習やアイコンタクト、セリフの緩急など、真剣に取り組むメンバーの様子にCUBERS・末吉9太郎も「これだけ努力してステージで120%が出せるんだと思ったら本当に尊敬」と感激していた。また、MVの丁寧な解説やメンバーがハマっていることについてもしっかり時間をかけて放送。特に、里吉うたのの「紅蓮華」のワックダンスは印象に残った視聴者も多かったのではないのだろうか。メンバーの個性とグループとしての実力が伝わり、入門編としても楽しめる放送だった。