日向坂46、念願の“おひさま”との対面! ひらがなけやき時代の衣装も纏ったデビュー2周年記念ライブ

日向坂46、念願の“おひさま”との対面! ひらがなけやき時代の衣装も纏ったデビュー2周年記念ライブ

 2019年2月にけやき坂46から改名し、同年3月27日にシングル『キュン』でデビューした日向坂46。あれからちょうど2年となった27日、『デビュー2周年記念 Special 2days ~MEMORIAL LIVE:2回目のひな誕祭~』を開催。同公演は、日向坂46のファン「おひさま」とのコミュニケーションを意識したもので、抽選による700人の来場者ほか、配信でも楽しめる内容に。メンバーは、1年ぶりとなる有観客ライブに目を潤ませるなど喜びを噛み締めながらステージで躍動した。

1年ぶり有観客ライブ「ドレミでみんな泣いていた」

 開演時刻の18時30分。会場内にヘビーなエンジン音が轟く。ステージに向かって来るのは、アメリカンスクールバスだ。胸に「H」、袖に「46」のワッペンが付いたスタジャンを着たメンバーは、バスの中から颯爽と登場。映画や舞台でおなじみの『ウエスト・サイド物語』を彷彿とさせる世界観。さらに四方八方から炎が吹き上がるド派手なステージ演出のなか、蹴り上げる動きをはじめとする豪快なダンスをみせた。

 1曲目「アザトカワイイ」のイントロが鳴り響く。歌詞通りの小首をかしげる可愛らしい動作が特徴的な同曲。ピョンと跳ね上がってピースをする佐々木美玲がとにかくキュートだった。続いては、体調不良で欠場の富田鈴花のラップをサンプリングしたトラックにのせて、メンバーが勢いよくダンス。「今日で2歳の日向坂46 生まれたての心 育ててくれた全ての人たちに感謝」など、おひさまたちへのお礼をこめたリリックが流れた。

 人気曲「ドレミソラシド」では、オンラインで鑑賞するファンの姿がステージ上に映し出された。ペンライト、推しメンのタオルやうちわを手に応援するおひさまたち。同曲の〈こんなに好きになるとは思っていなかった〉の歌詞は、メンバー、おひさまがお互いに捧げあっているように聴こえた。

 最初のMCでは、キャプテンの佐々木久美が「ついにおひさまがライブ会場に来てくれました」と手を叩き、早くも目頭をおさえるメンバーの姿も。佐々木久美が「ちょっと、感動しますね」と声を震わせると、まわりのメンバーも「「ドレミ」の歌でみんな泣いているのが聞こえてきた」と涙を拭う。高本彩花も「おひさまをいざ目の前にしたら涙が止まらなくて、ずっとこの日を求めていたんだと感じました」と会場を見渡した。一方で松田好花は「「ドレミ」のファのところでファーって泣けてきた!」と笑わせた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる