RADWIMPS 野田洋次郎、震災と向き合った10年で残った“感情”

RADWIMPS『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』(通常盤)

 2011年3月11日から10年が過ぎた。RADWIMPSの野田洋次郎は、この10年間、自分なりに震災と向き合ってきた。2011年3月15日にサイト『糸色(いとしき)』を開設。まずは歌うことではなく、義援金とともにメッセージを東北に届けようと呼びかけた。以降、映像作家・島田大介と制作した映像と共に、ほぼ毎年3月11日にYouTubeを通じて被災地復興の思いを込めた楽曲を発表してきている。

 3月13日放送の『3.11 10年 そしてこれから』(NHK総合)では、箭内道彦を対談相手に野田の震災への思いが明らかになった。

 震災から間もない2011年4月にRADWIMPSは葛藤を抱えたまま『絶体延命ツアー』を迎えていた。その年の8月、延期になっていた東北3県でライブツアーを開催。言葉にならない、目と目で抱きしめ合う感じ。「何かもう何も歌わなくていいんじゃないかっていうぐらい、何か音がそこにあって、お互いがこう向き合っていたらそれで……」と野田は当時の光景、感情を思い出しながら、言葉に詰まり、涙を流す。悲しみを忘れて、乗り越えて、ライブハウスにやってきた人たち。そこで飛び跳ねて、大声で叫んで歌う。その生命力、人間の強さ、逞しさを野田は受け取っていた。