SHINeeが突き詰めた“王道に属さない表現” 2年半ぶりカムバックに至るまでの軌跡

 2021年の元旦に開催されたSM ENTERTAINMENTのオンラインコンサート『SMTOWN LIVE “Culture Humanity”』にて「SHINee IS BACK」のティザー映像が流れた。そして、1月31日にオンラインで行われたスペシャルライブ『The Ringtone: SHINee is Back』にて、2月22日のSHINeeのカムバックと、約2年6カ月ぶりのアルバムである7thフルアルバム『Don’t Call Me』のリリース告知が行われ、収録曲「Marry You」もお披露目された。

 スペシャルライブ終了後には、ボイスメールを活用したカムバック記念ARSプロモーションもスタートさせ、SHINeeホットライン(+82 70-7103-0525)に電話をかけると、メンバーたちの声を聞いて直接ボイスメッセージも残せることで話題を集めた。SNS上では「#SHINee_THE_RINGTONE」「#더링톤_샤이니가_돌아왔다」のワードがワールドトレンドランキングで1・2位に急上昇し、初披露したばかりの新曲のタイトル「Marry You」もトレンド入りするなど、世界中で話題となった。

 SHINeeは2008年5月にオンユ、ジョンヒョン、キー、ミンホ、テミンの5人組でデビューした。SM ENTERTAINMENTのアイドル達が台頭し始めた90年代〜00年代にかけて、「SMP(SM Music Performance)」と呼ばれるSM ENTERTAINMENT特有の色を持った楽曲やパフォーマンスを指す言葉が現れたが、SHINeeは「コンテンポラリーバンド」というSMPとは異なる独自のテーマを持ってデビューしたグループだった。「コンテンポラリーバンド」には、「音楽・ダンス・ファッションのすべての部分で、その時代に合ったトレンドを体現しリードしていく存在」という意味が込められている。SM ENTERTAINMENTの新人として注目を受け複数の新人賞を獲得したものの、SHINeeのデビュー当時、韓国の男性アイドルは二十歳前後の10代後半でデビューするケースが多く、同時期には男性的と言えるイメージのアイドルが人気を博していた。そんな中、15歳〜19歳とメンバー全員が10代で、当時の男性アイドルの衣装としてはまだ珍しかったカラフルなスキニーパンツに身を包み、「ヌナ(年下の男性から年上の女性への呼称)は本当に綺麗」(デビュー曲「Replay」の韓国語タイトル)と年下の男子をアピールするように歌うSHINeeの姿は、韓国の男性アイドルとしてはかなり異色であった。一方で、デビューEP『Replay』から1stアルバム『The SHINee World』、2ndアルバム『AMIGO』までの楽曲はR&Bやソウルなどが軸になっており、ビジュアル面やコンセプトではフレッシュさをアピールしつつも、サウンド面では「大人っぽい」という正反対とも呼べるような印象を与えていた。ここにシム・ジェウォンや仲宗根梨乃が振付した、繊細で柔らかながらも高難度で複雑なダンスパフォーマンスが加わり、正統派ティーンアイドルのようでいてどこかが違う、独特のスタイルを持ち合わせているのがSHINeeならではの魅力となった。

SHINee 샤이니 ‘누난 너무 예뻐 (Replay)’ MV

 様々な手法で、意図的に王道や定型のスタイルからのズレを見せる表現方法は、今現在まで続くこのグループならではの特色と言えるが、そのイメージを主にビジュアル面から固めたのは、当時スタイリストだったハ・サンベクと、SM ENTERTAINMENTにデザイナーとして所属していたミン・ヒジンだろう。2009年のミニアルバム『Romeo』タイトル曲の「Juliette」は、『ハイスクール・ミュージカル』でチャド役を演じていたコービン・ブルーの「Deal With It」をカバーした曲だが、韓国語バージョンの作詞をメンバーのジョンヒョンが担当しており、歌詞を見たミン・ヒジンが、インスピレーションによって当初の計画にあったイメージを再構築し直したというのは知られている話である。結果的に『Romeo』は、奇抜さとスタイリッシュさの境界を攻めつつも透明感は失わない妖精のようなビジュアルコンセプトと、収録曲順に愛、葛藤、別れからの思慕、そして再会というテーマがひとつの物語になっている構成から、初期SHINeeを代表する1枚と呼んでいいのではないだろうか。

SHINee 샤이니 ‘Juliette (줄리엣)’ MV

 2011年には「Replay」の日本語バージョン「Replay -君は僕のeverything-」で日本デビューを果たし、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで記念ライブを行った。1年間日本活動やアジアツアーに注力した後、2012年にはミニアルバム『Sherlock』でカムバック。タイトル曲「Sherlock」は、一つの事件に対して理性的なヒントを意味する「Clue」と、感情的な鍵を意味する「Note」の2曲を1曲にして合体させたという(後のSuperMやNCTでも行われている試みの走り)。ジャネット・ジャクソンなどの振付で知られているトニー・テスタによるダイナミックでパワフル、そしてストーリー性のある振付は、その後のK-POPグループの群舞にも影響を与えたと言われるほど、インパクトが大きかった。

SHINee 샤이니 ‘Sherlock•셜록 (Clue + Note)’ MV

 2012年以降のSHINeeは、韓国活動と同じくらいの濃度で、日本でも活動を行ってきた。韓国ではSHINeeといえばダンスパフォーマンスのイメージが強い。日本活動でも「Dazzling Girl」や「Get The Treasure」のようなパフォーマンスが印象的なオリジナル曲もある一方で、「Fire」や「Winter Wonderland」のようなボーカルグループとしての新たな側面を前に出したような楽曲も多い。近年はテミンが日本オリジナルのソロ曲の振付を依頼した、菅原小春が韓国活動の振付も手がけたり、「The Story Of Light」につながるファンへのメッセージソング「Sunny Side」を日本でリリースするなど、活動を重ねるごとにその垣根はなくなってきている。