武部柚那、SWEET REVENGEで世界へ発信 新たなスタートラインに懸ける想い

 武部柚那(ex.E-girls/スダンナユズユリー)が昨年末、新たなダンス&ボーカルグループ・SWEET REVENGEの一員として活動していくことを発表した。武部以外のメンバーは東京生まれのASAMI、オランダ出身のLARISSA、AGNES、ESMEEの4人。彼女たちは世界8都市で開催されたLDH EUROPEのオーディションで選ばれた精鋭である。グループとしてはコロナ禍の影響で本格始動に至ってはいないが、世界展開を視野に入れた活動が今後に予定されており、現在はその準備期間だ。

 この日々を武部は、歌とダンスのレッスンや語学習得に費やしているという。渡米した時に「自分の知らない大きな世界がある」と思い至った彼女は、新グループへの加入のなかで自分を見つめ直し、次のレベルへ踏み出そうとしていた。彼女にとってのSWEET REVENGEはただのリベンジや再挑戦ではなく、新しいスタートなのである。そんな未来を見つめる武部に新プロジェクトと今後の展開について話を聞いた。(編集部)

「自分の知らない大きな世界がある」

ーーInstagramにラストライブの画像とともに「I’ll keep on singing」と綴られていましたが、E-girlsが落ち着いた現在の心境は?

武部柚那(以下、武部):今はレッスンを受けて、歌ったり踊ったりしてます。ですが、なかなかファンの方々に届ける場もないですし、準備もできていません。もっと成長した姿を見てもらいたいという気持ちがあるのでとにかく努力しかないですね。少しでも早くメンバーと一緒にSWEET REVENGEとして発信をしたいです。

ーーオランダのメンバーのみなさんはどんな状況ですか?

武部:オランダは現在、厳しいロックダウンの最中です。どんな曲がグループに合うのかを模索中なので、選んだ曲をオランダと日本で練習したりしていました。2月には仮で歌をレコーディングする予定です。ASAMIちゃんは年末に日本に戻って来て一緒にレッスンを受けています。彼女とLARISSAはラップもできるので、それを取り入れたSWEET REVENGEらしさを見つけられたらいいですね。

 今は曲を作るのが目的というよりも、自分たちらしさを見つけるために作るという感じ。みんなが好きな音楽だったり、グループとして合いそうな曲を挙げて話し合って、そこから徐々に形にしている段階です。直接お互いを知っていく上でまとまってくるものもあるはずなので、早くみんなと直接会って話したりしたいです。

ーー今取り組んでいる曲などのビートメイカーも海外の方ですか。

武部:絞っているわけではありませんが、海外の方のものが多いですね。パート分けもバランスを見ながら決めていったりして。週に1度、リモート会議があるんですよ。オランダと日本、LAにいるスタッフさんも含めて3カ国から繋げてやってます。みんな英語で話すので、私は別のスタッフの方にテレビ電話で訳してもらいながら参加してます。

 毎日、英会話を習っていて、ある程度の日常会話はできるようになってきましたが、スピードとビジネス単語が難点ですね。ただ、メンバーのみんなに直接会ったのが約2年前で、それから英語を約1年間学んだので、コロナ禍が落ち着いて再会したら前よりもコミュニケーションが取れるんじゃないかなと、楽しみでもあります。

ーーでは、SWEET REVENGEを立ち上げることになった経緯を改めて教えてください。

武部:2年前にHappinessのメンバーと人生で初めてLAに行って、アーティストとしての夢や視野が日本だけじゃなく世界にまで広がったんです。すでにE-girlsの先行きについての話も出ていて、これからどうするかを考えていた時でしたが「自分の知らない大きな世界がある」と痛感しました。

 ちょうど帰国したら、今のSWEET REVENGEのメンバーが合宿に来ていたんです。その最後の日にEXILE HIROさんとVERBALさんが参加するお披露目会があって、私も生でパフォーマンスを見て衝撃を受けました。デビュー前の自分のパフォーマンスを考えると、彼女たちは完成されていたし、海外の子たちが日本でレッスンを受けてグループを作るというのが新しかった。海外を見てきたばかりの自分から見て、そこに可能性を感じたんです。

ーーなるほど。

武部:それから彼女たちとご飯に行ったり、コミュニケーションを取らせてもらったのですが「夢を叶えたい」という気持ちがあふれて、キラキラしてるんですよ。その真っすぐな姿を見て、もうこれは直接オランダに行くしかない、E-girlsの仕事も落ち着いていたので今なら行けるぞ、と。すぐに自分からHIROさんに「オランダに行かせてほしいです」と伝えました。返答は「行ってみんなと接してみて、感じたことを教えてほしい」というもので、3日後にはオランダに飛んでました。それから2週間余りを過ごして、自分の予感が確信に変わったんです。

「世界中に自分の今までも知ってもらえたら嬉しい」

ーーアメリカで感じたことについて、もう少し詳しく聞きたいです。具体的に何が衝撃だったんでしょう?

武部:私は子どもの頃からずっと日本で活動していたので、「洋楽」という文化に触れることが少なかったんです。歌だけではなく音も深いし、私が聴いてきた邦楽とはまた世界観が違いました。ボイストレーニングも日本だとスキルやそもそもの発声を学ぶことが多かったですが、LAではパッションや自分らしさを重視した教え方で、それも自分の概念を覆してくれましたね。自分が知らないことがこんなに多いんだなと。

ーー武部さんはE-girlsのなかでも洋楽好きなイメージがあったので、それは意外です。

武部:スダンナユズユリーもやっていましたからね。あの時は(須田)アンナ、YURINOに補ってもらいながら、ふたりが聴いているものを共有してもらっていたんです。ダンスは昔からヒップホップをやっていたので触れることはあったのですが、プライベートでは聴くことが少なかったです。TikTokで流れている曲くらいは知っていましたが、アメリカにいるとそれ以外にも人気の音楽がラジオから流れてくる。私にとっては未知の世界でした。

ーー昨年、E-girlsとして発表していたプレイリスト「夕暮れ時の散歩」には、ケラーニ「HONEY」やティナーシェ「Faded Love (feat.Future)」も入っていました。今現在の好きなアーティストは?

武部:ケラーニは以前から好きですが、新曲を出すたびに“好き”が更新されていきますね。ティナーシェは日本でのダンスの先生が流していて、聴いたりしていたんですよ。あとは88risingのNIKIちゃんの曲も抽象的で良いし、声も好き。最近のものだとH.E.R「Damage」が良かったです。Spotifyでいろいろと聴いてます。

ーーグループ名の由来についても教えてください。

武部:3週くらいかけて、みんなでキーワードを出しながら考えたんです。基になるアイデアはHIROさんからいただいて、女の子っぽいけど力強さもある「SWEET REVENGE」にみんなで決めました。でも私個人の視点で考えると「再挑戦」ではなく「新しいスタート」なんだという気持ちだったので、少し違和感もあったんですよね。

 でも「REVENGE」という言葉は英語だとポジティブな意味だとメンバーが教えてくれたんです。世界に発信するわけだし、個人的なバックグラウンドに縛られるのはよくないなと思って、私も納得しました。世界中に自分の今までも知ってもらえる日が来たら、それはそれで嬉しいですし。

ーーちなみに今後の拠点はどうなるんですか?

武部:SWEET REVENGEはLDH USA所属なんです。コロナが落ち着いたら移住という形で、LAでメンバーと生活しながら制作をしていく予定です。