乃木坂46、中華圏で不動の人気を獲得か? Weibo、bilibili、荒野行動……中国系コンテンツでの活躍

 乃木坂46の齋藤飛鳥が、Weiboに単独アカウントを開設した。これは、先日2月4日に開かれた『WEIBO Account Festival in Tokyo 2020』にて、乃木坂46が「人気女性アイドルグループ賞」を、齋藤が個人で「話題タレント賞」を受賞したことを受けてのもの。最近はInstagramを中心にメンバーの個人アカウントの開設が著しい乃木坂46であるが、Weiboにメンバーのアカウントが出来るのは現役メンバーとしては松村沙友理に続き2人目。「755」を除くと、これまで一切SNSでの発信の場がなかった齋藤が最初に選んだのがWeiboになる。

『僕は僕を好きになる』(Type-C)

 乃木坂46がWeiboのアカウントを開設したのは2017年11月。乃木坂46としては初のアジア・シンガポールでのイベント『C3 Anime Festival Asia Singapore』への出演を記念に、中華圏での情報発信を目的として作られてからすでに3年が経過し、フォロワー数300万人を超える人気アカウントとなっている。

 Weiboの投稿の内容としては、グループに関するニュースやメンバーブログのほかに、「#乃木坂46的一天#(乃木坂46の日)」のハッシュタグとともにその日、日本でメンバーがメディア露出した際の写真、さらにメンバーの誕生日を祝うメッセージなど。独自の展開としては定期的なメッセージ動画、通訳を介してのメンバー生配信があり、恒例となっているコーナー「中国語講座」を通して、海外のファンとの親睦を深めている。先日、シングル『僕は僕を好きになる』の発売を記念して行われた「SNS横断フェス」でも、Weiboと動画共有サイト「bilibili」にて、山下美月、梅澤美波、久保史緒里が出演。Weiboでは、同時間帯で視聴者数1位を記録した。