ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』盛り上げる「運命」の様々なアレンジ フォーカスされる彩子と日高の“運命の物語”

 正義感溢れる刑事と、サイコパスなシリアルキラーの魂がある日入れ替わってしまったら。そんな日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系)が現在放送中だ。本作は警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(綾瀬はるか)とベンチャー企業の社長でありながら殺人鬼の裏の顔を持つ日高陽斗(高橋一生)が織りなす“スイッチエンターテインメント”である。目を背けたくなるような無惨な殺人が繰り返されるシリアスさを持ちつつも、彩子と日高が入れ替わったことで起こるお互いの不慣れな生活はどこかコミカルに描かれ、その対比もまた本作の魅力のひとつとなる。そんな『天国と地獄 ~サイコな2人~』では劇伴にベートーヴェンの交響曲第5番「運命」が使用される。

 本作で使用される「運命」は実に色とりどりの風合いを持つ。「運命」の印象的な「ジャジャジャジャーン」という誰もが聞いたことのあるフレーズは、彩子に衝撃的なことが起きたときに効果音的に短く挿入され、心の揺らぎがより顕著に表される。例えば敵対する刑事・河原(北村一輝)の残したタバコの吸殻を見つけ腹を立てた時や、男性に入れ替わっているにもかかわらず女子トイレに入ってしまい女子社員とバッタリ出くわしてしまった時などに使われた。

 さらにストーリーが朗らかに進行するシーンではポップにアレンジされた「運命」が使われ、彩子と日高の“運命”が交差している様子をコミカルな印象で描く。彩子と日高がコ・アースで再会したシーンや、彩子が部下の五木樹里(中村ゆり)の呼び方がわからず恐る恐る五木に「さん」をつけて呼ぶシーンなどがこれに当たる。このようにアレンジされた「運命」が随所に散りばめられ、『天国と地獄 ~サイコな2人~』の軸となる彩子と日高の“運命”が皮肉にも混ざり合っていく様を音楽の力も借りつつ生き生きと描いている。

 扱う内容がシリアルキラーにまつわる事件であり、ともすれば暗く陰鬱な雰囲気ばかりを引きずりかねない本作において、ベートーヴェンの「運命」は、誰もが知っているフレーズのキャッチーさと大仰な「ジャジャジャジャーン」というメロディがそのシリアスさを良い意味で中和する。作品が重く痛ましい殺人事件を扱っているにも関わらず、視聴者が彩子と日高の“運命の物語”にフォーカスできるのはアレンジされた「運命」がそれぞれのシーンでそれぞれの役割を全うしているからだろう。