乃木坂46『僕は僕を好きになる』が大差をつけてチャート首位に 3、4期生の活躍光るバリエーション豊かなシングル

 昨年「I see…」を作曲したyouth caseは今シングルでは「Wilderness world」と「Out of the blue」の2曲を提供している。「Wilderness world」は〈たった1人になったとしても/絶対に諦めはしない〉と歌う力強いEDMで、「Out of the blue」は軽やかなシティポップ系サウンド。youth caseの作品はどれも新鮮な響きを持っている。新たなフェーズへと向かう乃木坂46の今後を担う作家として期待だ。

乃木坂46 『Wilderness world』
乃木坂46 『Out of the blue』

 「冷たい水の中」は2期生の堀未央奈のソロ曲で、ゆったりとした切ないピアノ曲。卒業を決めて新しい環境へ旅立つことを決めた彼女を、冷たい水の中に手のひらを沈めることにたとえ、〈ぬるま湯の中にいては/いけないと決心した日/もう一度 冷たい水へ〉と歌っている。

堀未央奈 『冷たい水の中』

 「友情ピアス」は3期生の大園桃子と4期生の遠藤さくらによるデュエットソング。作編曲には同グループに「あの教室」を提供していたカワノミチオがクレジット。人肌の温かみのあるフォーキーなサウンドが印象的だ。

 このように様々な楽曲が収録された今シングル。若いメンバーの活躍によって生まれた新しい雰囲気が、楽曲面にもよく表れている。

■荻原梓
J-POPメインの音楽系フリーライター。クイックジャパン・リアルサウンド・ライブドアニュース・オトトイ・ケティックなどで記事を執筆。
Twitter(@az_ogi)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる