NAOKIさんが日本のハードコアパンクシーンの中で教えてくれた、愛のある世界の素晴らしさ ISHIYAが綴る追悼文

 世の中に絶対はないと言われる。確かにそうなのかもしれないが、日本のハードコアパンクという世界に身を置いていると、そういった世間の常識のようなものを、どうしても受け入れられない自分がいる。

 通常の学生生活や社会生活を営んでいるだけでは、到底体験することがないであろう様々な出来事が、ハードコアパンクの世界で生きる人間には日常的に起きる。

 公には言うことのできない話が多いので書くことはできないが、そんな世界で生きていると「絶対に」やってはいけないことが自然と身についている。

 人を殴るだとか犯罪を犯すなどといった、社会常識的に許されないことではなく、人間としてあるべき姿というものが極端にわかりやすく起きていた世界では、生きとし生けるものの最後の砦である「愛」というものを日常的に経験していた。

 筆舌に尽くしがたい凄惨な場面もたくさんあった世界ではあるが、そんな中で常に笑いが生まれ、人の心を和ませることにかけては天才的な人物がいた。

LIP CREAM初期、渋谷屋根裏でのNAOKIさん

 2020年9月ごろ、自宅で他界してしまっていた元THE COMES、LIP CREAM、GASTUNK、L.O.X、NO etc.のギタリストであるNAOKIさんである。

 私ごとではあるが、先日blueprintより発刊された拙著『ISHIYA私観 ジャパニーズ・ハードコア30年史』の中で、LIP CREAMに関する記述が多かったために、メンバーに連絡を取りながら内容確認を進めていた。

 NAOKIさんの最終確認が取れたのが9月25日であり、その後12月ごろに再び用事があり連絡してみたが返信がない。

 2019年には長年連れ添った最愛の彼女を亡くしてしまい、失意の中にあったNAOKIさんだったために連絡が取れないこともあったが、何度か連絡しても一向に返事が来ない。できた本を渡したいのもあったが、その後のNAOKIさんのことが気になっていたので、盟友でもあり古くからの付き合いである元THE COMES、LIP CREAM、現EIEFITSのMINORU君や、元LIP CREAM、JUDGEMENT、現 桑名六道のJHAJHAに「NAOKIさんと連絡が取れない」と話していたのが、年が開けた2021年になった頃だった。

 その後10日ほど経ったころ、MINORU君がNAOKIさんに用事もあり、ふと気になったために自宅を訪ねたところ、去年の9月ごろ亡くなっていたことを知ることとなる。

 俺がハードコアパンクのライブに通いだした頃には、NAOKIさんはTHE COMESのギタリストであり、当時まだ高校生の客だった俺は、恐ろしくて話しかけることなどできなかった。

 その後THE COMESの終わり頃からだったと思うが、GASTUNKをやり始め、当時の恐ろしかったシーンの中でも異彩を放つ面白さが垣間見れるバンドだったが、その後すぐにLIP CREAMが結成された。

 LIP CREAM結成時あたりから頻繁にライブに通うようになった俺は、出演バンドメンバーとも顔見知りになっていくこととなるのだが、LIP CREAMのメンバーと話すようになっていったのは比較的あとの方だったと思う。その中でも一番最初に話をしたLIP CREAMのメンバーがNAOKIさんであり、初めて言葉を交わしたときのことは今でも覚えている。

 イギリスのパンクロックバンド・THE DAMNED初来日時に、当時表参道にあった、THE DAMNED来日をオーガナイズした事務所での前売り券発売に並んでいるときだった。

 初来日のTHE DAMNEDがどうしても観たくて、前売り券売り場に行くと、なんとLIP CREAMのメンバーが勢揃いしているではないか。

 しかしやはり恐ろしくて話しかけることはできない。するとNAOKIさんから喋りかけてきてくれたのだ。このTHE DAMNED初来日をきっかけに、LIP CREAMのメンバーと話すようになっていったと思う。

 初めてNAOKIさんと話したときの会話は、当時THE DAMNEDをまるっきりパクっていたバンドがあり、雑誌のインタビューまでTHE DAMNEDのインタビューと同じことを答えるようなバンドがあったのだが「そいつらが今きたら」などと物騒なことを言っていた。しかし後からNAOKIさんと仲良くなるにつれ、その発言が恐ろしいものではなかったことがわかっていくこととなる。

 どんなときでも常にギャグの宝庫で、その場にいる人間はたちどころにNAOKIワールドに惹き込まれ、笑いに支配されてしまう。大ボラ吹きの一面もあったが、そのホラもびっくりするほどすぐその場でバレるようなものもたくさんあり、みんなで腹を抱えて大笑いすることばかりだった。

 都合の悪いときには、あの細い目をまん丸にひん剥いて、顔芸としか思えない表情でゴリ推ししながら、周囲を爆笑の渦に巻き込んでいた。