秋山黄色、新曲「夢の礫」が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に 「このお話は、僕にとって全く他人事ではありません」

秋山黄色、新曲「夢の礫」が『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌に 「このお話は、僕にとって全く他人事ではありません」

 秋山黄色の新曲「夢の礫」が、12月25日より全国公開となる『映画 えんとつ町のプペル』の挿入歌に決定した。

(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

 『映画 えんとつ町のプペル』は、60万部(2020年12月現在)の売り上げを記録した、西野亮廣(キングコング)の絵本『えんとつ町のプペル』のアニメーション映画化。本作では、いつも厚い煙に覆われた“えんとつ町”を舞台に、えんとつ掃除屋の少年ルビッチとゴミ人間プペルの物語が描かれる。STUDIO4℃がアニメーション制作を担当し、廣田裕介が監督を務めた。

 さらに、「夢の礫」がいち早く聴ける楽曲を使用した劇中挿入歌ティザー映像も公開された。「夢の礫」は映画公開日と同じ12月25日より配信スタートとなる。

『映画 えんとつ町のプペル』 秋山黄色「夢の礫」劇中挿入歌ティザー映像

秋山黄色コメント

秋山黄色です。映画『えんとつ町のプペル』挿入歌を担当させて頂きました。この作品に携われたこと、今このような形で曲を届けられること、本当にうれしいです。

僕は今「音楽家」としてお仕事をさせて頂いていますが、やはり少し笑われやすい夢でしたので悔しい思いをたくさんしました。このお話は、僕にとって全く他人事ではありません。

最初に信じたのは自分だけでした。

それでも楽しく打ち込んでいくにつれ、しだいに夢は醒め「目標」へと変わりました。

目が醒めて、本当の意味で夢を見ました。

バカにされるのはまだ痛くて悔しい。

きっと多くの人が「えんとつ町」を知っていますね。この映画が誰かを応援する、その力の一部になれますように。

心を込めて音にしました。よろしくお願いします。

■公開情報
『映画 えんとつ町のプペル』
2020年12月25日(金)公開 / 製作:2020年(日本) / 配給:東宝=吉本興業
声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
OP主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music)
ED主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)
挿入歌:秋山黄色「夢の礫」(ソニー・ミュージックレーベルズ)、粉ミルク「メザメ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)、ALONE「ドリーマー」
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業
映画コピーライト: ©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
原作コピーライト:©AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
公式サイト

■秋山黄色リリース情報
秋山黄色「夢の礫」2020年12月25日(金)配信Release
タイアップ:『映画 えんとつ町のプペル』挿入歌

秋山黄色「サーチライト」
タイアップ:テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』主題歌
DL&ストリーミング

オフィシャルサイト
Twitter:秋山黄色
Twitter :秋山黄色staff
YouTube channel
秋山黄色OFFICIAL GOODS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる