lynch.は私達を輝かしい未来へ連れていってくれるーーファンと久々の再会果たした日比谷野音公演を振り返る

lynch.は私達を輝かしい未来へ連れていってくれるーーファンと久々の再会果たした日比谷野音公演を振り返る

 続けて葉月は晁直(Dr)、悠介、玲央(Gt)を紹介し、自己紹介も済ませたところで名前を呼ばれなかった明徳がやや遅れて葉月の元に駆け寄る。「ちょっと入ってくるの遅いね、リハビリが必要です(笑)」と冗談を言いつつ「野音童貞今夜卒業! On Bass!明徳!」と紹介し、「INVADER」が炸裂。アドリブも織り交ぜたバキバキのスラップが夜の日比谷を切り裂く。終盤に向けてフロアの熱量が最高潮になってきたところへ葉月から「外ですからね、この日比谷の街の不特定多数の人に聞かれてることを肝に銘じて、言葉に気を付けながら、慎重に、デリケートに話したいと思います。約2000人の皆さん……青姦したことありますか! 今日もこの雲一つない快晴の中! 恥ずかしげもなく! 日比谷の全員に聴こえるような音で! 僕達5人とセックスしませんか!」と大胆なお誘い。さらに「周りのビル群に向かっても高らかに宣言する。ただでさえ久々である上に“公開プレイ”となると、その興奮は尋常ではない。配信を観ている視聴者にも呼びかけ、「pulse_」へもつれ込む。待ってましたと言わんばかりの爆発力で乱れるフロア。皆が心の中で念じた「ヤリたい」の声が日比谷の街に轟いたところで「もう一曲ブチ暴れてくれますか!」と「LIGHTNING」へ。「今日この夜が皆の希望になったら最高です! 行こうぜ、未来へ!」と叫んだ葉月。まだまだ先の見えない不安な日々がずっと続いているが、この言葉にきっと多くのファンが救われたことだろう。どれだけ不安でも、どれだけ辛くても、lynch.は私達をより輝かしい未来へ連れていってくれる。闇を体現しながら光であり続ける。そんな決意を具現化するように最後の曲「from the end」が空に放たれ、ライブ本編は幕を閉じた。

 アンコールではいざ曲が始まるぞ、というタイミングで急に明徳が前回の野音でメンバーが着ていた法被を取り出し、思わず葉月が流れを止める。明徳はMCで話して“自分で空けた穴は自分で埋めます!”と法被を取り出すつもりだったらしいのだが、事前に打ち合わせをしていなかったため機を逃してしまったようだ。今度こそ、と「EXIST」でアンコールがスタートし東京の街を大いに揺らすと、ベースソロからの「THE BLASTED BACK BONE」が繰り出される。本編だけでは足りなかったといわんばかりに暴れていくフロア。続く「DON’T GIVE UP」ではフロアの分まで担うかのように、明徳と玲央の咆哮が突き抜けていく。「俺らの未来を一緒に歌ってくれますか!全員で行こうぜ、あの場所へ!」とラストを「THIRTEEN」で飾り、メンバーはステージを後にした。

 2度目のアンコールではlynch.のオフィシャルTwitterでここからの様子を無料配信する旨が発表される。lynch.の歴史的なライブを観てほしいという側面もあるが、これから発表する告知を、よりたくさんの人に聞いてほしいし、共有してほしいので急遽決定したとのこと。そして、本来15周年イヤーイベント『[XV]』のファイナル、『[XV]act:10』として予定されていたワンマンライブが告知される。自身の口から伝えたいという思いから、葉月の口から発表された。その内容に割れんばかりの拍手が巻き起こる。きっと声を出してもいい環境であれば悲鳴にも似た歓声が上がっていたことだろう。「絶対に成功させましょう! よろしくお願いします!」とバンド結成当初から目標として掲げてきた舞台への意気込みを表明し、「THE FATAL HOUR HAS COME」、「TIAMAT」で二度目の野音公演を締めくくった。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 公演終了直後、lynch.が発表したニュースはあっという間に全世界を駆け巡り、即座に「lynch.」の名はTwitterのトレンド入りを果たした。久々の有観客ライブであった本公演は、気づけば歴史的な公演の序章となり、未来への希望となったのである。今“日本で最も劇的なバンド”、lynch.。彼らはその日、シーンにおける光となる。全員で行こう、あの場所へ。2021年2月3日、lynch.『15TH ANNIVERSARY “THE FATAL HOUR HAS COME” AT 日本武道館』。

 宿命の時が来た。

lynch.公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる