芸歴60年 加山雄三に注がれ続ける“憧れの視線” 甲本ヒロト、横山剣、奥田民生ら提供曲に感じる強いリスペクト

芸歴60年 加山雄三に注がれ続ける“憧れの視線” 甲本ヒロト、横山剣、奥田民生ら提供曲に感じる強いリスペクト

 「君といつまでも」や「お嫁においで」など、今に歌い継がれる昭和の名曲をいくつも生み出した加山雄三。60年代は世にエレキブームを巻き起こし、90年代には『24時間テレビ』でお馴染みの「サライ」を作曲したことはあまりにも有名。現在83歳の加山雄三が、芸能生活60周年を記念した13年ぶりのオリジナルアルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』を12月2日にリリース。真島昌利、甲本ヒロト、つんく♂、奥田民生などそうそうたるアーティストが楽曲提供で参加のほか、THE King ALL STARSや、グループサウンズの伝説アーティストが集結したTHE G.Sなど、加山と縁のあるアーティストや親交のあるアーティストが集結し、加山雄三へのリスペクトと愛が溢れた作品が完成した。

60年代の加山雄三は若者カルチャーの最先端

【加山雄三】「DEDICATEDtoKAYAMAYUZO」(2020年12月2日発売)

 今から60年余り前の加山雄三は、今で言えば菅田将暉や米津玄師のような、当時の若者カルチャーをリードする先鋭的な存在だった。加山が主演を務めた映画『若大将』シリーズは全17作が製作され、劇中で加山が演じた若大将こと田沼雄一は、当時庶民の憧れだったヨットやサーフィンなどのマリンスポーツやスキーなどのウィンタースポーツをたしなみ、華麗にエレキギターを弾きこなす。それだけでなく柔道、ラグビー、サッカーとスポーツも万能だ。それは決して映画の世界のことだけではなく、加山自身も湘南に育った慶応ボーイであり、学生時代にはバンドやボクシングに熱中し、スキーで国体に出場した経験も持つ。1961年に「夜の太陽」で歌手デビューして以降は『NHK紅白歌合戦』に17度出場、弾厚作というペンネームで作曲も行い、1965年に自身が作曲した「君といつまでも」が350万枚の大ヒットになったほか、24時間テレビのテーマ曲「サライ」を作曲したことでも知られている。

 世代を越えたアーティストとの共演の歴史は、20年以上にも及ぶ。還暦を迎えた1997年に日本初のトリビュートアルバムとして、『60 CANDLES』がリリースされる。これにはカールスモーキー石井、槇原敬之、TUBE、バブルガム・ブラザーズ、TOSHIなどが参加した。2014年には、キヨサク(MONGOL800)、佐藤タイジ(シアターブルック)、古市コータロー(ザ・コレクターズ)、名越由貴夫(コーパス・グラインダーズ)、ウエノコウジ(the HIATUS)、武藤昭平(勝手にしやがれ)、タブ・ゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)、スチャダラパーらとTHE King ALL STARSを結成。『FUJI ROCK FESTIVAL ’14』などに出演し、翌年の2015年にはミニアルバム『I Simple Say』をリリースした。さらに2016年から4回にわたって『若大将フェス』を開催。さだまさしや森山良子などのほか、奥田民生、ももいろクローバーZ、ケツメイシ、氣志團、平井大、KEYTALKなど世代もジャンルも越えた共演が毎回話題を集めた。アルバム『DEDICATED to KAYAMA YUZO』は、加山のそうした世代もジャンルも越えた活動の集大成とも呼べる作品だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる