幅広い音楽性乗りこなすミーガン・ザ・スタリオン、80’s受け継ぐマイリー・サイラス……今年台頭した女性アーティスト4曲

 こんにちは、ノイ村です。

 今回の新譜キュレーションでは、2020年のポップシーンで大きく台頭した女性ミュージシャンによる、これまでの取り組みを拡張する自由な表現やクリエイティビティに着目してみました。今年はトレンドに乗るよりも、「やりたいこと、言いたいことを全力でやる」というアプローチがより一層支持を受ける一年だったように感じており、今回挙げる4曲もその流れを汲んだ作品となっております。

2020年のパイオニアがほんの一瞬だけこぼした“弱音”
Megan Thee Stallion「Circles」

Megan Thee Stallion『Good News』

 2020年前半は「Savage」で、のちにビヨンセも合流するほどの流れを作り出し、後半はカーディ・Bとの「WAP」が今年最大級のヒットを記録、まさに2020年最も活躍したアーティストと言っても過言ではないミーガン・ザ・スタリオン。米『TIME』誌はミーガンを“2020年 世界で最も影響力のある100人”の内の一人として選出している。しかもそのカテゴリは”ARTISTS”ではなく、“PIONEERS”である点に注目してほしい。

 前作からわずか8カ月というスパンでリリースされた新作『Good News』は、トラップ一辺倒には留まらない幅広い音楽性と、それら全てを見事に乗りこなしながらミーガンらしい力強くも挑発的なメッセージが込められた傑作である。その中でも出色の仕上がりなのが、ジャズミン・サリヴァンの名曲「Holding You Down (Goin’ In Circles)」のサンプリングを中核に構えた「Circles」だ。初期のカニエ・ウェストなどを彷彿とさせるトラックの上で、軽快かつ丁寧に韻を踏んでいく本楽曲は、アルバムの中でも特にミーガンのラップスキルが発揮された名曲だ。一方で、人間関係の難しさを描いたリリックには「銃弾の傷跡、陰口、母さんの死、まだ悲しいよ〈Bullet wounds, backstabs, mama died, still sad.〉」というフレーズがある。ミーガンのことをよく知っている人なら理解できるであろうその意味と、そこにある“脆さ”は、『Good News』全体のメッセージをより力強いものにしている。

Megan Thee Stallion – Circles [Official Audio]

80’sを受け継いだ2人が交わる時
Miley Cyrus「Prisoner feat. Dua Lipa」

Miley Cyrus『Plastic Hearts』

 かつてはお騒がせタレントとしての印象も強かったマイリー・サイラスは、今やスティーヴィー・ニックスやデボラ・ハリーといった、80年代を代表する先人たちの系譜を受け継いだ、現代のロックシンガーへと姿を変えた。先日のライブでブロンディの名曲「Heart Of Glass」を見事に歌い上げる姿は、彼女を軽視していた人の度肝を抜き、大きな話題となっている。

 そんなマイリーの新曲には、同じく80年代を現代式にアップデートした最新アルバム『Future Nostalgia』を今年リリースしたデュア・リパを迎えており、まさに80年代の系譜を受け継いだ2人が一堂に会した、夢のコラボレーションと言えるだろう。オリビア・ニュートン・ジョンの「Physical」を連想させる〈Prisoner, Prisoner〉というフレーズが印象的な本楽曲は、やはり80年代を彷彿とさせる「懐かしくも新しいサウンド」となっており、デュア・リパの透き通るように真っ直ぐな歌声と、マイリーの荒々しくもハスキーな歌声の相性が最高で、まさに2020年のポップシーンにおける、一つの集大成のように感じられる。

Miley Cyrus – Prisoner (Official Video) ft. Dua Lipa