日向坂46 齊藤京子、高い表現力と天然性を兼ね備えた魅力 1stソロ写真集『とっておきの恋人』を機に考察

 そしてなんといっても齊藤の輝く姿といえば、歌唱シーンではないだろうか。美しい歌声に加え、真っ直ぐに曲を伝えようとする豊かな表情は多くのおひさま(日向坂46ファンの呼称)を魅了する。歌手になることを夢見てきた齊藤は、アイドルになる前からボーカルレッスンの日々を送っていたという。それだけに、メンバーの中でも人一倍“人前で歌う喜び”を強く感じているのではないだろうか。そんな思いが、歌唱している姿を通じてどこか伝わってくる。

 齊藤の1stソロ写真集『とっておきの恋人』は「東京で彼女とデート」をテーマに、約1年間の準備期間を経て都内のデートスポットにて撮影されたという。高い表現力と天然性を兼ね備える彼女は写真集でも“今まで見せたことのないとっておきの表情”できょんこいずを楽しませてくれることだろう。

■中山洋平
1983年生まれ。フリーランスの編集・ライター。ボウリング、洋服、ギター、サウナ好き。Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる