乃木坂46 山下美月センター、3・4期メンバーの台頭……“未来を作る”最新シングルフォーメーションの画期性

 11月15日の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、乃木坂46の26枚目シングル選抜メンバー発表の模様が放送された。放送に前後するタイミングで、マスメディア等ではグループが“新章”に入ったことが伝えられ、選抜発表を目前にした今月13日には乃木坂46の公式SNSアカウントなどでも、「未来が作られる」と謳った選抜発表の告知動画がアップされている。グループが新しいフェーズに入るという筋立てを、ことさら意識的に打ち出したニューシングル告知と言っていい。

乃木坂46『ALL MV COLLECTION 2~あの時の彼女たち~』

 これはもちろん、前作『しあわせの保護色』をラストシングルとして10月にグループを卒業した白石麻衣が、乃木坂46にとってそれだけ大きなシンボルだったということでもある。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、はからずも『しあわせの保護色』のリリース期から卒業ライブまでの期間が延長されたことで、彼女が象徴的存在であった時期の余韻はさらに強いものになっていた。

 だからこそ、2021年以降のグループ像を示す今回の26thシングルでは、表題曲メンバーの布陣に明確な変化が企図された。その筆頭が、初めてセンターポジションに入る山下美月と、その両サイドに立つ梅澤美波と久保史緒里の3期メンバーで固められたフロントである。

 これまで、乃木坂46のセンターに2期以降のメンバーが入るのは、『バレッタ』の堀未央奈や『逃げ水』の大園桃子・与田祐希、『夜明けまで強がらなくてもいい』の遠藤さくらといった、各期メンバーが初めてシングル表題曲に合流するタイミングでの慣例的な抜擢に限られていた。それ以外のシングルでは、多くのメンバーがセンターを経験していったものの、その座を背負ったのはいずれも1期メンバーだった。そうした意味では、3期メンバーがセンターとその左右に配されたこのフォーメーションは、一つの画期とはいえよう。