GRAPEVINEのライブが呼び起こす前向きな感情ーー音楽での純粋な結びつきを示した中野サンプラザホール公演

 GRAPEVINEが11月7日、『GRAPEVINE FALL TOUR』の東京公演を中野サンプラザホールで開催した。昨年秋に開催された同名のツアー以来、約1年ぶりのワンマンライブでGRAPEVINEは、これまでと同じく、純粋に音楽だけを介したバンドとオーディエンスの結びつきを示す圧巻のステージを繰り広げた。

 昨年は、対バンツアー『GRAPEVINE SOMETHING SPECIAL』、最新アルバム『ALL THE LIGHT』を引っ提げた全国ツアー『GRAPEVINE tour2019』、東名阪ツアー『GRAPEVINE FALL TOUR』と3度のツアーを行ったGRAPEVINEだが、今年はもちろん、予定していたツアーやイベントはほとんど中止。他のバンドやアーティストが配信ライブやSNSを使った発信を模索するなか、彼らはオンラインの活動に積極的ではなかった。2014年のライブ『IN A LIFETIME』、2017年のスタジオライブ映像、2018年のRISING SUN ROCK FESTIVALの映像をプレミア公開し、ツアーを楽しみにしていたリスナーとオンラインで一緒に楽しめる場所を提供してきたが、新たなコンテンツを作ったり、配信することはまったくなかったと言っていい。もちろん、“歌をつないで、みんなに勇気を与えたい”といった企画に参加することもなく、Twitterなどでメッセージを送ることもなくーーそもそも田中和将(Vo/Gt)と西川弘剛(Gt)はSNSをやっていないーー。常に自らの創作欲求に従い、稀代のライブバンドとしての存在感を発揮し続けてきたGRAPEVINEは、“自分たちの表現は録音作品とライブで伝える”というスタンスを貫いたのだと思う。

 この日のライブでも彼らは、観客とともに空間と時間を共有し、“音楽だけしか存在しない”ステージを繰り広げた。メンバーの思いや意図はすべて、楽曲と演奏に込められていたのだ。

 ライブは「HOPE(軽め)」からスタート。まっすぐに希望を歌うことはできず、その周辺を漂う姿を描いた楽曲だ。発表されたのは1999年だが、2020年の現状とも強く重なっている。さらに「Arma」「豚の皿」とライブアンセムが続く。亀井亨(Dr)の抑制の効いたビート、いぶし銀のフレーズを響かせる西川弘剛(Gt)、厚みのあるベースラインでバンドのボトムを支える金戸覚(Ba)、オルガン、電子音、ギターなどで楽曲に彩りを与える高野勲(Key/Gt)によるアンサンブルはまさに絶品。ブルース経由のハードロック、カントリー、サイケデリックなどに憂苦的に混ぜ合わせながら、レイドバックしすぎず、現代的なロックミュージックに結びつけるGRAPEVINEの音楽性は、やはりライブでこそ真価を発揮する。

 「また始まるために」「報道」と、この時期だから選んだとしか思えない楽曲が続く(興味のある方は、ぜひ歌詞をじっくり読んでみてほしい)。ライブ前半でもっとも強く印象に残ったのは、最新アルバム『ALL THE LIGHT』の収録曲「すべてのありふれた光」だった。〈悪意が娑婆を乱れ飛んでる/世界なんか塗り替えてしまえ〉もそうだが、そのすべてが2020年の世界に向けられているとしか思えなかった。

 アルバム『ALL THE LIGHT』のインタビューの際(参考)、「すべてのありふれた光」について田中は「決してハッピーエンドではないですけど、せめて“扉が開いたかも”“光に触れたかも”というところまでいかないとダメな気がした」と語っていたが、この曲に込めた意思は、マスクをし、声を出さずにコンサートを見ていた観客ひとりひとりに伝わったと思う。