井上麻里奈、茅原実里、竹達彩奈、雨宮天ら豪華声優が歌う多彩な恋愛ソング 『デート・ア・ライブ』が生んだキャラソンの魅力

井上麻里奈、茅原実里、竹達彩奈、雨宮天ら豪華声優が歌う多彩な恋愛ソング 『デート・ア・ライブ』が生んだキャラソンの魅力

 今年はシリーズ最新作となる『デート・ア・ライブIV』の制作決定が発表され、9月にはPlayStation®4用ゲームソフト『デート・ア・ライブ 蓮ディストピア』も発売されるなど、長く愛される人気シリーズとなって久しい『デート・ア・ライブ』シリーズ。この作品から、人気声優陣が担当した歴代のキャラクターソングを集めたキャラソンベスト的な楽曲集『デート・ア・ライブ キャラクターソングコレクション』が発売された。

Arrow
Arrow
夜刀神 十香 ©2013 K・T/F/DAL・P
ArrowArrow
Slider

 『デート・ア・ライブ』は、人智を超えた生命体・精霊によって大災害がもたらされている世界を舞台に、主人公の五河士道が「精霊とデートして、デレさせる」様子を描く作品。世界平和を守るための戦いが、「様々な精霊たちとのデート」に置き換わるというユニークなアイデアや、コミカルな日常描写に加えて、徐々に明かされていくキャラクターそれぞれの運命や業の深さなど、シリアスな要素も魅力のひとつになっている。TVアニメ第3期では精霊同士の関係性もより描かれるなど、作品の世界観はますます広がっているところだ。

 そして、音楽面での特徴は、「主題歌」「劇伴」「キャラクターソング」といった各要素が、はっきりと違う役割で用意されていること。たとえばTVアニメ第1期から坂部剛が作曲を担当し、声優ユニット・sweet ARMSが歌う主題歌は、ストリングスアレンジを加えたロック曲が中心で、「激しさ」と「かろやかさ/華やかさ」「切なさ」など異なる要素をひとつにすることで、「戦争」を「デート」に置き換えたこの作品の魅力を表現するようだ。

 また、同じく坂部剛が担当する劇伴では、主題歌とはまた違う角度から作品の魅力を表現。たとえば、戦闘シーンのBGMでは、壮大なオーケストレーションや声楽~オペラ的なコーラスといったギミックを加えた曲などで、精霊の神秘性やスケール感などが巧みに表現されている。

Arrow
Arrow
『デート・ア・ライブ』2期キービジュアル ©2014 T・T/KF/DALⅡ・P
ArrowArrow
Slider

 そしてキャラクターソングには、それぞれの魅力/人柄がより伝わるような楽曲が揃っている。もともとギャルゲー的な要素を持った作品であるからこそ、各キャラクターの人柄や魅力を伝えるキャラソンには、その個性が色濃く反映されているのだ。そのため、キャラごとに大胆に音楽性が違うのも、『デート・ア・ライブ』のキャラソンの特徴になっている。

 さらに2013年より7年以上の歴史を刻む『デート・ア・ライブ』だが、なにより現在アニメシーンの第一線で活躍するような女性声優が参加する豪華なラインナップは特筆すべき点だろう。同作においても、『プリキュア』声優であり、2010年代アニメで様々な主要キャラを演じてきた井上麻里奈を筆頭に、ソロ歌手としても活躍する茅原実里や竹達彩奈、若手の人気株である雨宮天、佐倉綾音など、長い歴史のある作品だからこその幅広い声優が参加している。

 『デート・ア・ライブ キャラクターソングコレクション』の1曲目は、リリコ(CV:積田かよ子)、幼馴染(CV:村井理沙子)、先輩(CV:月宮みどり)によるアニメ1期1話&13話のED曲「Hatsukoi Winding Road」。SF超大作のオープニングロール風の映像で作品の全体像を紹介しながら〈♪つ・ま・りデートデート! 精霊を~デレさせろ~!〉という歌詞に辿り着くセリフパートと、〈恋する星は美しい/わかりあえたら平和になる/愛をもって世界中を/恋し愛しで埋めつくそう〉というサビが印象的なエレポップで、作品の賑やかな雰囲気を象徴するようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる