JO1 佐藤景瑚&川西拓実&木全翔也&鶴房汐恩インタビュー デビューから現在までを振り返る

JO1 佐藤景瑚&川西拓実&木全翔也&鶴房汐恩インタビュー デビューから現在までを振り返る

 8月26日にリリースされたJO1の2ndシングル『STARGAZER』。初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の各形態共通の3曲とそれぞれに新曲1曲、異なったジャンルの曲が収録されており、JO1の可能性が表れている作品になってる。今回、リアルサウンドではJO1メンバーに3チームに分かれてもらい、インタビューを行なった。本稿では歌にラップ、ダンスと何でもこなす佐藤景瑚、川西拓実、木全翔也、鶴房汐恩の“オールマイティチーム”にデビューから今までを振り返ってもらった。デビューから約半年、想像を上回るスピードで成長をし続けている彼らだが、その成長の根底にはチームの結束力があるようだ。(高橋梓)【記事最後にプレゼント情報あり】

「彼(木全)のギャップは振り幅が大きくて、魅力的なんじゃないかな」(鶴房)

 ワイワイと現れた4人に、まずは公私を共にしているお互いについてどう感じているかを聞いてみた。「鶴房汐恩くんは、ほんっとうに面白いです」と川西が話すと、鶴房は「嬉しいな」と顔をほころばせる。「でも、真面目で男らしいところもあって、人として尊敬できるんです」と川西が続けると、「キター! 嬉しっ」と鶴房のテンションが上がる。さらに「パフォーマンスで言うと、まずこの声。今ラップを担当してくれてるんですけど、ラップって声が武器になると思うんです。汐恩はこの特徴的な声がすでに武器になっている。その時点でもう強いわけです。それと……」と話を続けようとすると、「まだあるん!?」と鶴房。川西は「まだある。で、ダンスも力強いというか、男らしいというか。重機って感じですね」とべた褒めしていた。

(左から)JO1 川西拓実、佐藤景瑚、鶴房汐恩、木全翔也

 「これだけ褒められたら嬉しいっすね」とはにかむ鶴房からは、「じゃあ、僕は木全を15文字で紹介します」とらしい言葉が。佐藤に「少なっ!」とツッコミを入れられ、しっかり紹介してくれる。「木全はJO1ではラップをしてくれていますが、オーディション中はほとんどボーカルだったんです。ボーカルも上手いぞっていうのをもっと知ってほしいですね。ダンスも綺麗な感じで、僕とは逆。だよね?」と、木全に問いかける。問われた木全は「反対なのかな?」とほわんとした雰囲気で反応。続けて鶴房は「全てにおいてバランスが良いなって僕は思っていて。結構緊張しいなんですけど、一回打ち解けたら面白いことも言うし、ステージではめちゃめちゃ映えるし。普段はちょっとふわぁって感じなんですけど、かっこいいです。化粧も映えるし、自分のかっこよさを知っている見せ方だと思います。彼のギャップは振り幅が大きくて、魅力的なんじゃないかな」と、仲が良いからこその視点で木全を語ってくれた。

 当の本人である木全は、鶴房が熱く語ってくれている最中、ボイスレコーダー代わりに置いていたiPhoneのケースを凝視し続けるというマイペースさを見せる。そんな木全に佐藤の魅力について問いかけると、まずは「木全翔也です、よろしくお願いします!」とお決まりの挨拶から切り出してくれた。「景瑚くんは同じ愛知県出身なんですけど、僕の隣の中学校でした」という木全ワールド全開の回答。「ダンスが上手くて、分からないところがあっても教えてくれるんですよ。意外と優しくて。ふざけているように見えて、実は周りが見えている……のかもしれない」と語ると、すかさず佐藤から「“かも”かよ!」とツッコミが入る。それに動じず、「なんて最近思っています。意外とお兄さんだよね。ふざけていることも多いけど、そういう一面もあります。あとはモデルみたいにスタイルがいいです。あとは……」と回答に詰まると、佐藤が「何でもいいよ、別に褒めなくてもいいよ」と助け舟を出す。インタビューを通して、このように終始メンバーたちをフォローしていた佐藤の姿が印象的だ。そんな佐藤は、普段から仲が良い川西について語る。「拓実はですね、見ての通り圧倒的な顔面です。そして、センスの塊。やったことがないことでもすぐこなしちゃう子です。あとはこう見えてしっかりしていて、切り替えが早い。スイッチが入った拓実に僕はたまに怒られています」という佐藤の言葉を聞いて、川西は終始ご機嫌に「あはは!」と笑っていた。

 メンバーについて楽しそうに話す彼らを見ていると、以前にも増して絆が深まっているように見える。デビューから今まで、どんな出来事を共にしてきたのだろうか。印象に残っている出来事を聞くと、いの一番に答えてくれたのは木全だった。「韓国のカルビタンが美味しかったです! 1stシングルの準備中の合宿で食べました」という回答に、「ボーカルレッスンをしていた場所から近くて。レッスンが休みの時や昼休憩に行ってたんです。それがすごく美味しかったんですよ」と佐藤が補足をする。そんな佐藤は、『KCON:TACT 2020 SUMMER』のエピソードを語った。

「パフォーマンスも印象深いですけど、金城碧海がバット折りをやったんです。それを見て、拓実と『これくらい蹴っちゃえば折れるんじゃない?』って話してました。なにせセンスの塊なんで(笑)。で、本番が終わった後に2人で挑戦したんですが、全く折れなくて怪我しました」(佐藤)

「数日足が腫れました(笑)」(川西)。

 鶴房が挙げたのは、デビューシングル時に行なった韓国合宿のとある日のこと。「(白岩)瑠姫くんと同じ部屋で2人やったんですけど、次の日8時30分に出発しなきゃいけなかったんです。アラームをセットしてたんですが、鳴らなくて寝坊してしまったんですね。瑠姫くんは僕が起きる15分くらい前に起きたらしいんですが、僕のことを起こさず放置して、8時29分に『遅刻やで』って声をかけてきて。僕が慌てた瞬間の表情を楽しんでいた瑠姫くんの顔が、いまだに忘れられません(笑)」と、ハプニングを教えてくれた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる