日本音楽著作権協会(JASRAC)、申込金制度を廃止 7月以降の申し込みから無料に

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、作詞、作曲を行うクリエイターや音楽出版社等の権利者がJASRACと著作権の管理委託契約を締結する際に支払う信託契約申込金(申込金)を無料にする。

 これまで権利者がJASRACと著作権の管理委託契約を締結する際、初期費用として申込金(著作者27,500円、音楽出版社82,500円)を支払う必要があった。申込金制度を導入した当時と比べ、著作物使用料分配額の増加や管理業務の効率化により費用率を引き下げられていることに加え、より多くの権利者から管理委託を受けることが権利保護とユーザーの利便のさらなる充実につながるとし、この制度を廃止し無料にすることとなった。6月24日の定時社員総会の決議により、管理委託契約約款の申込金に関する規定を削除、9月1日契約(7月以降の申し込み)分から適用される。

公式サイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる