氷室京介、全373曲のサブスク配信スタート アルバム発売へ向け楽曲制作も

氷室京介、全373曲のサブスク配信スタート アルバム発売へ向け楽曲制作も

 氷室京介が、ソロデビュー日にあたる2020年7月21日にサブスクリプションの配信を開始した。

 自身初のサブスク解禁で配信されるのは、1988年のソロデビュー曲「ANGEL」から2016年リリースのベストアルバム『L’EPILOGUE』まで、シングル30タイトル62曲、 オリジナルアルバム12タイトル130曲、 ベストアルバム8タイトル181曲、全373曲となる。

 耳の不調を理由に2016年にライブ活動無期限休止を発表し、 ファイナルライブ4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』のステージ上で、氷室は「今後ゆっくりじっくりと楽曲を作っていこうと思う。60になって還暦を迎える頃にアルバムをみんなに届けられたらと思う」と語っていた。2020年10月に、還暦を迎える氷室は、 現在アルバムリリースへ向けて楽曲制作に入っているという。

 また、2020年9月5日~10月10日まで、 グランフロント大阪にて『氷室京介展 LX~揺るぎなき美学と挑戦〜』と題した展示会の開催が決定。ライブ衣装、未公開写真、映像に加え、氷室直筆の作詞原稿や創作経緯がわかる歌詞原稿などを特別公開するほか、記念撮影ができるフォトスポットなども設置され、氷室の置かれた時代背景とともにその「美学」や「 挑戦」の軌跡を楽しむことができる。

■展示会概要
『氷室京介展LX -揺るぎなき美学と挑戦-』
開催期間:2020年9月5日(土)~10月10日(土) 会期中無休
開催時間:11:00〜19:00(金、土曜のみ20:00まで )
会場:グランフロント大阪北館ナレッジキャピタルイベントラボ( 大阪市)
※2021年春、東京巡回

展覧会公式サイト
展覧会公式Twitter
 
■関連リンク
氷室京介オフィシャルHP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる