Twenty★Twenty「smile」が週間バイラルチャート初登場1位 ジャニーズ75名と櫻井和寿が紡ぎ出した、愛と笑顔の輪

 本作のプロデュースを務める滝沢秀明はTwenty★Twentyの結成にあたり「日本の笑顔に繋がるキッカケの為に」とプロジェクトのビジョンを宣言している。このビジョンに呼応するように本作の作詞について櫻井和寿は〈だけど忘れないで/「君の笑顔に逢える」/それだけで生きていけるボクがいる〉というフレーズはジャニーズアーティストが歌う前提だからこそ書けた歌詞であるとしており、あわせて「ジャニーズの皆さんほど、このフレーズを歌うにふさわしい方はいないと感じます」とコメント。Twenty★Twentyのメンバーが歌うことによって説得力が増すような希望に満ちた歌詞と、櫻井の手掛ける人懐っこくも心地の良いメロディの相乗効果は、書き下ろし楽曲だからこそ実現した賜物だろう。

Twenty★Twenty「smile」

 ジャニーズ事務所はこれまでも積極的にチャリティー活動を行っていて、1997年には阪神・淡路大震災のチャリティーを目的として関西地方出身者の所属するKinKi Kids、V6、TOKIOの3組からなるJ-FRIENDSを結成し、CDリリースによる収益などから約9億円の寄付を行っている。また、2011年には東日本大震災復興支援プロジェクトとしてMarching Jを立ち上げ、イベントやCD、グッズ販売の収益から約8億円が被災地に送られた。今回の「Johnny’s Smile Up ! Project」では「smile」の収益だけでなく、Johnny’s netオンラインによる映像配信による収益などについても医療物資の購入費用や今後の支援活動に活用される予定だ。

 未だ終わりの見えない新型コロナウイルス感染拡大。「smile」を聴いて元気づけられた方も少なくないだろう。まだまだ我慢の時期は続くが「Johnny’s Smile Up ! Project」の目指す笑顔と愛があふれる世界が一刻も早く訪れることを願いたい。

■Z11
1990年生まれ、東京/清澄白河在住の音楽ライター。
一般企業に勤務しながら執筆活動中。音楽だけにとどまらず映画、書籍、アートなどカルチャー全般についてTwitterで発信。ブリの照り焼きを作らせたら右に出る者はいない。
Twitter : @Z1169560137

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる