稲垣吾郎は「時」にまつわるものを愛でるーー腕時計やカメラなど、本質的に優れたアイテムに惹かれる理由とは

 稲垣吾郎がパーソナリティを務めるラジオ『編集長 稲垣吾郎』(文化放送)。7月15日放送回では、稲垣が愛用している腕時計について語るシーンがあった。

 Instagramにも投稿しているドイツの高級ブランド「A.ランゲ&ゾーネ」の腕時計。20代のころ、青山の骨董通りにあった路面店で見かけるたびに「いつかしてみたいな」と憧れていたものだという。

 ラジオでは「A.ランゲ&ゾーネ」の腕時計を2本所有していると明かした。Instagramで披露した黒い文字盤の“1815”と、もう1本は白い文字盤の“ランゲ1″だ。“ランゲ1”は、『編集長 稲垣吾郎』のオフィシャル写真を撮影した際にしていたものだそうだ。

 さらに、時計に惹かれる理由として「代々受け継いでいったりとか、半永久じゃないですか。特に機械式時計っていうのはネジを回して、機械の動力で動いていく。そこに僕は神秘を感じるんですよね」と続ける稲垣。

 時を超えて、人々を魅了するもの。稲垣が愛するものは、「時」がキーワードになっているようだ。7月15日に発売された雑誌『Pen』では、“表現者が惚れた逸品“として、著名人たちが愛用品を紹介する特集が組まれた。稲垣はそこでシャトーラギオールのソムリエナイフを紹介した。

 1998年にドラマ『ソムリエ』(フジテレビ系)で主演を務めた稲垣。このソムリエナイフは、小道具として特別に役名の「JOHSATAKE」(佐竹 城)が刻印されたものだという。撮影が終わったあと、打ち上げの席でプレゼントされ、稲垣の手元に渡ったこのソムリエナイフ。それから20年以上も稲垣と共に人生を過ごしてきたパートナーになった。長い時間、一つのアイテムとじっくり向き合っていくのもそうだが、稲垣が愛してやまないワインも熟成させることで、その香りや味わいが変化していく、「時」が価値と直結するものだ。

 また、彼が趣味として続けているカメラも、一瞬の「時」を切り取る技術。花が咲いた瞬間、水が滴る刹那、若き日の香取慎吾の弾ける笑顔……。即座にその時間にタイムスリップさせてくれるようなアイテムだ。

 さらに読書や映画鑑賞もまた、違う「時」を生きる人の感性をつなぐ時間とも言える。そして、彼らが歌う音楽も、「時」を超えて歌い継がれることで、半永久的に人々の記憶に残っていくものだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる