斎藤アリーナ、コロナによる外出自粛の中で生まれた新曲「Night Owl」配信リリース 

斎藤アリーナ、コロナによる外出自粛の中で生まれた新曲「Night Owl」配信リリース 

 斎藤アリーナが、約半年ぶりとなる2ndシングル「Night Owl」を本日7月1日にリリースした。

 斎藤自身が作詞作曲を手がけた「Night Owl」の歌詞は、新型コロナウイルスによる外出自粛ムードの中、外に出られず部屋にこもっていた閉塞感を愛する人からの束縛とオーバーラップさせたものとなっている。プロデュースは東京都在住の音楽家、miffrino氏が担当している。

 なお、斎藤は7月4日に有観客でのライブを下北沢Lagunaで行う予定。チケットはすでに完売しており、現在配信による観覧のみが可能となっている。

 さらに、8月29日にも同じく下北沢Lagunaでライブを実施し、同時期に3rdシングルのリリースも予定しているとのこと。また、秋には初EPのリリース、東名阪を回るライブツアーも行う予定だ。

「Night Owl」

■リリース情報
斎藤アリーナ
「Night Owl」
7月1日(水)配信リリース
レーベル:Nicholson & Co.
作詞・作曲:斎藤アリーナ
Produce:miffrino

■関連リンク
斎藤アリーナ 公式HP
斎藤アリーナ Twitter
斎藤アリーナ Instagram
斎藤アリーナ Facebok
斎藤アリーナ YouTube

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる