ハロー!プロジェクト、ソロ&バラードカバー公演開催へ 観客はマスク着用、声援控えるよう呼びかけ

ハロー!プロジェクト、ソロ&バラードカバー公演開催へ 観客はマスク着用、声援控えるよう呼びかけ

 2020年夏のハロー!プロジェクト・コンサートの詳細が発表された。

 同コンサートの開催日は、 中野サンプラザ公演が7月11日と12日、オリックス劇場(大阪)公演が 7月18日と19日、仙台サンプラザホール(宮城) 公演が7月25日を予定している。イベント開催制限の段階的緩和のロードマップ(※)に従い、 6月22日までに開催するか判断するという(ただし、発売告知以降、感染状況に伴い国や地方自治体の方針変更があった場合、 開催予定の変更や公演中止の可能性もあり)。 その他の開催予定地に関しては状況をみて発表される。なお、各会場への直接の問い合わせは不可。

 同コンサートでは、新型コロナウイルス感染の状況を鑑み、 観客ならびに出演者、コンサートに従事する関係者の健康と安全を考慮して、 ハロー!プロジェクトのメンバーがそれぞれソロでパフォーマンス。ハロー!プロジェクトの楽曲ではなく、J-POPを中心としたバラード曲のカバーを披露するとのこと。なお、各自治体のイベント開催基準に則り、客席は一定の距離をとった配席で販売。「公演中はマスク着用、常時着席の上、声援は控えての観覧をお願いいたします」と呼びかけている。

 なお、今回の企画に至った理由について「活動自粛以降、メンバーは各自 1日でも早くステージに立ちたいという思いを持ちながら SNSなどで、自分たちのやれる範疇で様々な発信を長期に渡り積極的に行ってくれました。 そんなメンバーたちの思いも受け、 会場内の密閉・密集・密接を避けなければならないという世の中の現状も考慮の上、 普段のライヴ形式とは違い、ゆっくり歌をお楽しみいただくという内容を企画いたしました」とコメントしている。

※5月25日にイベント開催制限の段階的緩和の目安を発表。6月19日から1000人、または収容定員の50%以下、7月10日から5000人、または収容定員の50%以下、数の小さいほうのどちらかを限度とするコンサート、イベント等の開催が可能になる。

■関連リンク
公式HP

※写真はモーニング娘。’20

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる