HAWAIIAN6が歌う、希望を持って進み続けることの大切さ 「ずっとダメなことが続くわけではない」

HAWAIIAN6が歌う、希望を持って進み続けることの大切さ 「ずっとダメなことが続くわけではない」

 HAWAIIAN6の5thミニアルバム『The Brightness In Rebirth』は文句ナシの傑作である。前作『Beyond The Reach』から約2年5カ月ぶりになる今作は、自分たちのやるべきことに焦点を絞ったメロディックパンク作に仕上がった。よりシンプルに、よりストレートに持ち味を発揮したサウンドの説得力が半端じゃない。2ビートを用いた怒濤の疾走感、歌謡テイスト溢れる哀愁メロディ、多彩なコーラスワークも含めて、これぞHAWAIIAN6!と言いたくなる揺ぎないオリジナリティを提示。表題同様、先の見えない社会や不安を抱える多くの人々の心に一条の光を差し込む歌詞も必読。メンバー3人に話を聞いた。(荒金良介)

少しでも新しいことをしたい

ーー新作『The Brightness In Rebirth』は前作以上に勢いや切れ味が増しているし、全体を通して明るい作風になりましたね。

HATANO(Dr):演奏形態がどんどんシンプルになってるからじゃないかな。そこまで詰める時間がなかったのもあるんだけどね(笑)。

ーーHATANOさん、毎作品でそう言ってますが(笑)。

HATANO:はははは。それでも煮詰まった時は、足すよりも引く作業の方が良いと思うから。

YUTA(Vo&Gt):録り音もいつもよりギターを減らしているんですよね。いろいろハーモニーを作っていたところを、今回はギター1本でも成り立つような状態を作って録ったんですよ。だから、あまり余計なものは入ってないし、それで音像もカラッとしているのかなって。

ーーそれはよりライブに近い音像を意識したから?

YUTA:ライブのこともあるし、少しでも新しいことをしたいという気持ちもあるから。昔の音源もシンプルだったし、そこに立ち返ってみようかなと。『FANTASY』(2000年)とかあの辺はそういう感じでしたからね。

ーー過去作を改めて聴き返すと、『Where The Light Remains』(2014年)の頃はアレンジや曲展開もかなり凝ってましたよね。それ以降は作品を重ねるたびにシンプルになっているなと。

HATANO

HATANO:バンドの個性で作品を作った方がいいかな、と考えるようになったんですよ。足そうと思えばいくらでも足せるけど……そうなると、何がしたいのかわからなくなるから、腑に落ちないことで穴を埋めてもね。昔の曲作りは出口がなくて、1曲の中で7、8回も展開したら誰も正解がわからなくなることもあったけど(笑)、すげえいいものって、パッと出てきた時にみんな疑問も沸かないから。

ーーGUREさんはいかがですか?

GURE(Ba&Cho):今作の「Skull And Bones」は展開が少し盛り沢山ですけど、リード曲になった「Stand By You」はさっき言われたようにシンプルで聴きやすい曲になってますからね。全6曲の中でメリハリは付けられたんじゃないかと。自分のベースで出したい音も、こうしたいというビジョンもより見えてきたから。

ーー前作(『Beyond The Reach』2017年)の時に、HATANOさんはベースフレーズをGUREさん本人に考えさせるようにしたと言ってましたけど、今作ではGUREさんの個性もより出てきた感じ?

HATANO:個性というより、性格が出てると思う(笑)。それが今のこのバンドのやり方なのかなと。GUREは当たり障りのないフレーズを持ってくるから、「それつまんねえから、もっと考えろ!」って言うんですよ。ただ、今作は全体像を確認している暇もなくて、録ってみなくちゃわからないところもあったから、シンプルにせざるを得ないところもあったし、逆にそれが良い結果になっていればいいのかなって。

ーーバンド的にはそういう状況だったんですね。

HATANO:既存の曲をやっている時も性格が出てると思うしね。GUREのコーラスは、以前と比べたら全然時間はかかってなくて。前は何を言われているのかGURE自身がわかってなかったけど、今はわかるもんな?

GURE:“自分はこうしたい”っていうのがあるのにできないというか……その理由がわかるようになってきましたね。

HATANO:そう考えると、前進はしているんだなと。

GURE

ーー今作のGUREさんのコーラスワークは過去最高の出来じゃないかと思いますよ。曲にいい色味を添えているなと。

HATANO:ふふふふ。良かったな?

GURE:少しずつできるようになってきたのかなと。歌い方に関してもすごく言われましたからね。

HATANO:譜面を書いて、「お前が発声する言葉がこういう感じで乗っているんだよ」とわかりやすく伝えたし、それで録った後に「譜面で言わんとしていることはわかるよな?」って話して。それを自分の中で消化するきっかけとなったのが前作なんですよ。だから、それを経て今作では確信でやれているのかなと。

YUTA:前作よりも(コーラスは)違う感じになっているし、ヘンな迷いは薄れてきたのかなって。

ーー「Rebirth」における透明度の高いコーラスも新鮮でした。

GURE:高いピッチで伸ばして歌うのは苦手ではあるんですけどね。「Rebirth」だったり、「Stand By You」のサビは高いまま声を伸ばすことにもトライしました。苦手だからこそ、こういう風に歌いたいと具体的なビジョンを持ってレコーディングに臨めましたからね。キレイなところはキレイに入れて……あと、叫ぶところはまだ試行錯誤しているところですね。今作で言えば、「Rain Song」の途中で叫ぶパートは自分の中で意識して入れました。適度に歪ませて歌ったり、高いピッチで歌う時にロウを足したりとか、それは日々頑張ってるところです。

ステージで笑うために何をすべきなのか、わかってきた

ーー現3人体制で作品を重ねて、自分たちのやるべき方向性がクリアになっている感じはありますか?

HATANO:いい歳だからさ(笑)。やり続ける以上は先に進まなきゃいけないから。いい加減、自分で自分のこともわかるようになってきたし、ここは人になくて、自分にしかない良いところだなというのも理解できるようになった。逆に言えば、ここはダメなんだって、ここ2年ぐらいでわかったところもあるからね。今は練習しているのが楽しいんですよ。不器用なところを含めて、自分たちはそういう集団なんだなって。自分と向き合うことっていろいろキツい時もあるけど、向き合わなきゃやってる意味もないからね。

ーーえぇ。

HATANO:GUREと練習するようになって、ベースプレイヤーに対して、俺もやりたいことをちゃんと見せなきゃ相手も迷うことになる。今はお互いにダメなところを言い合うし、「今のドラムやりづらくなかった?」みたいな確認もするからね。ステージで笑うためには何をするべきなのか、それがわかるようになってきたし。ヘンな話、いじわるし合おうぜって、笑いながら言う合う関係性なんですよ。

ーーバンドとしては健全ですよね。その風通しの良さが今作にも出ているんじゃないかと。

HATANO:うん、昔はそういう風に言えなかったから。いじわるなことをいじわるな気持ちのまま言ってたような気がするし(笑)。子供に物を教える時も「こうしたほうがいいんじゃない?」と注意するのはいじわるじゃなくて、愛情からでしょ? それを当たり前のようにお互いバンドの中でやることが理想なんですよ。人間がやることだから100点はないんだけど、ライブ後に「惜しかったよなあ!」という話をするのはネガティブというより、ポジティブな気持ちで言ってるから。やっぱり苦しむことが喜びに繋がるわけで、今はそういう意味でちゃんと苦しめているのかなと。昔はただ苦しいだけだったからね。昔みたいにずっとバンドやろうぜ! と軽々しく言える年齢ではなくなってきたからこそ、より現実的に楽しむために考えるようになったんだろうね。

ーー今はメンバー3人の意志や気持ち、見ている方向が固まってきたんでしょうね。

HATANO:そうだね。集団でそれを共有できた時にバンドは強くなるんじゃないかな。もう逃げられないからね。逃げられないというのは、いい意味に捉えているんですよ。それだけやりがいのあることをやっている証だから。ライブで楽しい思いをするためには納得できる曲を作らなきゃいけないし、それは努力しなければ生まれない。若い頃はよくわからなかったけど、どんどん積み重ねていくうちにわかるようになってきた。やりがいは苦しみの量と比例するし、そこから逃げないで対峙できるようになったんじゃないかと。昔はライン録りを聴くのも辛かったけど、今は聴いてできてなくても、じゃあ練習するか! って気持ちを切り替えられるようになったからね。ダメな自分も受け入れて、「ダメですね!」と言えるようになった。この歳でね、はははは。

ーー良いことも悪いことも全部ひっくるめて、自分たちを真正面から見据えられるようになったと。

HATANO:そう! 新譜を出す時も、あなたはここまでどれぐらい成長してこれましたかっていう通信簿みたいな感覚で、それが節目のタイミングになるわけでさ。それが形になるのが音源だから。ドラムを録ってる時も今は楽しいもん。やべえ、ハマッた! って、それさえも楽しめてるから。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!