関ジャニ∞、「All is well」熱唱でファンとの絆を“UPDATE” 楽曲を通じて届けたブレない思い

 「#春は必ず来る」ーー新型コロナウイルス感染症対策として、政府からの要請を受けイベント開催の見直しが迫られたエンターテインメント関係各社。3月4日には声明文を発表し、活動自粛等について説明した。公演のとりやめ、延期が相次いで報告されるなか、関ジャニ∞も同様、ツアーの一部公演延期という決断を下したグループの一つだ。ツアーの延期発表後、関ジャニ∞のファンに対するある行動が話題を集めた。

「All is well」を熱唱

 2019年11月6日の大阪松竹座を皮切りに、全国47都道府県を回るライブツアー『関ジャニ∞47都道府県ツアー UPDATE』の真っ只中だった関ジャニ∞は、島根、鳥取、茨城公演の延期を発表した。ほどなくして、公式ファンクラブサイトの「関ジャニ∞TV」でメンバーが「All is well」を熱唱。ファンに歌声を届けたのだ。

 「All is well」は関ジャニ∞6枚目のアルバム『JUKE BOX』(通常盤)に収録されたもので、メンバー全員で作詞を、作曲は安田章大が手掛けたラブソングだ。歌詞の一節に〈同じ未来を見て、一歩、一歩…繋がって行くんだ、なにがあっても〉とあり、これまで一歩ずつ歩んできた関ジャニ∞とファンとの軌跡とも受け取れる。

 ここで「All is well」を選んで歌ってくれた彼らの想い。言葉にならない想いが込められていたことだろう。今回の一件と重ねて聞くことで、より濃密な作品へと変わった。

 ツアー開催にあたっては、大勢のスタッフと準備を重ねてきたことだろう。グループとしても混乱を来たすであろう時期に、まずはファンに対して歌を通してメッセージを届ける。不測の事態を前にしてもブレないファンへの想いを感じ、改めて彼らが愛おしくなった。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!