GALNERYUS、現状維持ではなく最高を更新する 観る者を惹きつける技術と表現力の進化

GALNERYUS、常に最高を更新する

 演出に関してもうひとつ言えば、今回のツアーはアルバム『INTO THE PURGATORY』を曲順通りに再現していく前半、過去の代表曲がたっぷり凝縮された後半と、休憩を挟んだ2部構成というのも特筆に値する。新作の世界観を音源以上に高い純度で楽しんだあとに、GALNERYUSの歴史が垣間見られる贅沢なセットリストは、新作から彼らに入ったビギナーにも優しいものだろう。

TAKA(Ba)

 個人的には新曲と過去の楽曲が入り乱れることで、両者がどう馴染んでいくのかが楽しめる形も好きだが、こうして作品性の高さを深く味わえる構成も改めていいものだと実感させられた。と同時に、1部を終え2部に入ったときに気づいたのだが、新作の楽曲群は過去のどの曲よりも歌や演奏の難易度が高いこと。過去の楽曲群ももちろんテクニカルで、常人が歌えるレベルのものではないのだが、『INTO THE PURGATORY』の楽曲はその難易度がこれまでの比でははい。かといって、キャッチーさが失われているわけではないのだから、このバンドが新作でどれだけ難しいことにチャレンジしていたかが理解できたのではないだろうか。

FUMIYA(Dr)

 個人的ハイライトは、オペラ調の歌唱法を導入したことで小野の新たな魅力を提示することとなった「THE FOLLOWERS」(この曲では、TAKAのベースソロもフィーチャーされており、ボーカルのみならず楽器隊の個性も際立っていた)、小野がピアノのみをバックに切々と歌う前半からSYUのエモーショナルなギターソロがキラリと光る後半へと盛り上がっている極上のバラード「REMAIN BEHIND」、そしてアンコールに突如演奏された15分超の大作「ANGEL OF SALVATION」だろうか。

 中でも「ANGEL OF SALVATION」は2時間を優に超えるライブ本編を終えたあとに披露されたにも関わらず、観る側としてもまったく緊張の糸が途切れることなく、会場がひとつになる大合唱のエンディングまであっという間という印象を受けた。ラストナンバー「DESTINY」を終える頃には開演から3時間に迫ろうとしていたことには驚きを隠せなかったが、GALNERYUSの面々がそれくらい時間を感じさせない充実したライブを見せてくれたこと、ここまで観る者を惹きつける技術と表現力を持ち合わせていることに心から拍手を贈りたい。

 MCでも触れられていたが、この日のライブの模様は後日映像化されるとのこと。その映像作品を携えて、今年後半にも新たなツアーを行いたいとも発言しており、次のツアーでは今回とはまた違った形のセットリストにも期待したい。

 昨年秋のインタビュー(※参照:GALNERYUSが究める、ヘヴィメタル×ポップスの融合「最新作が最強というバンドでありたい」)でSYUは「毎年進化していきたい」「毎回最新作が最強というバンドでありたい」と語っていたが、この日のツアーファイナルは本当にその言葉どおりの一夜だった。有言実行のためには日々の鍛錬は欠かせないものになるし、現状維持ではなく最高を更新するには想像を絶する努力が求められる。ライブ中本人も口にしていたが、小野はこの1月29日で53歳になる。現在のような難易度が高い歌/演奏をあとどれだけ続けられるか、『INTO THE PURGATORY』を超える新作をあと何枚生み出せるか、もはや神のみぞ知る領域だが、同時に「GALNERYUSなら大丈夫」と楽観視している自分もいる。そう、あの日のライブを観たら、きっとみなそう思うはずだ。

■西廣智一(にしびろともかず) Twitter
音楽系ライター。2006年よりライターとしての活動を開始し、「ナタリー」の立ち上げに参加する。2014年12月からフリーランスとなり、WEBや雑誌でインタビューやコラム、ディスクレビューを執筆。乃木坂46からオジー・オズボーンまで、インタビューしたアーティストは多岐にわたる。

■セットリスト
GALNERYUS 15th Anniversary 〜Radiance〜
“WAILING IN THE FLAMES OF PURGATORY”TOUR
2020年1月10日(金)新木場STUDIO COAST

<1部>
01. PURGATORIAL FLAME
02. MY HOPE IS GONE
03. FIGHTING OF ETERNITY
04. GLORY
05. NEVER AGAIN
06. THE FOLLOWERS
07. COME BACK TO ME AGAIN
08. REMAIN BEHIND
09. THE END OF THE LINE

<2部>
10. STRUGGLE FOR THE FREEDOM FLAG
11. POINT OF NO RETURN
12. FATE OF THE SADNESS
13. MY LAST FAREWELL
14. REBEL FLAG
15. UNITED FLAG
16. PROMISED FLAG
<アンコール>
17. ANGEL OF SALVATION
18. DESTINY

GALNERYUS 公式サイト



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる